夢 萩原朔太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は萩原朔太郎の「夢」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
萩原朔太郎といえば詩集「月に吠える」や、「青猫」が有名で、これがぼくは好きなんですが、今回は数ページの随筆を読んでみました。夢を自由にコントロールできる装置があれば、という話しを萩原朔太郎がするんです。萩原はすごい悪夢を見るんだそうです。
  

現実の世界に於ては、たとへどんなに恐ろしい事件、死に直面するやうな事件に遭遇しても、決して夢のそれのやうには恐ろしくない。
 
ぼくも1度だけすごい悪夢を見たことがあって、大声で叫んで目が覚めて、自分の声が大きすぎて恥ずかしかったことがあります。
 
 
そういえば、哲学者の戦中日記を読んでから眠ったら、戦場に迷い込んだ夢を見てしまって、その時はどんな映画よりも恐ろしかったです。映画だと、ほんとに殺されてこれで終わりになってしまう、とは思わないんですけど、夢の中ではその感覚があるんですよねえ……。
 
 
あと萩原は、動物がどのように夢を見るかを指摘しています。そういえば犬の眠るところは、間が抜けていたり、可愛かったりして、すこぶる情緒的な存在だったというのを、思いだしました。
 
 

 
 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/hagiwara_yume.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 ・本を購入する



Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください