こども風土記 柳田國男(26)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は柳田國男の「こども風土記」その26を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
柳田國男は、こんどは子どもの「おままごと」について論じはじめます。柳田は、この起源について、ちょっと驚くようなことを指摘しています。本文を引用すると、こうなっています。

「食べ物を野天でこしらえる」……「それに携わった者がいつの世からともなくわらわであった。」……「その面白さを忘れることができなくて、折さえあればその形をくりかえして、おいおいと一つの遊びを発達せしめたのである。」(……部分は略)
 
 
そういうのを、美濃みのでは「つじめし」と言ったそうです。
 
 
戦時中の道ばたに七輪を持ち出して、そこで魚を焼いたりした女たちが居た、という物語を、別の本で読んだことがあるんです。柳田によれば、かつての日本では、幼い女の子たちが、野外で料理をやっていた。そういう習俗があった。これが日本の姿だったのか……。とか思いました。映画とか小説でも、めったに見たことの無い、日本の独特な風俗が描写されています。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki26.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 ・本を購入する



Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください