ハイネ詩集(74)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その74を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 

……青々とした草場には
水車場の若者が情婦と一緒にすわつてゐる

風は何だか薄気味わるく吹いてゐる
小鳥は甘く悲しく鳴いてゐる
今までしやべつてゐたふたりは急に黙り込んで
ふたりは泣き出して、さうして自分でその理由がわからない
 
こういう情景が、深夜に見る映画のワンシーンで出てきたら、目に焼きついて忘れがたかっただろうな、と思いました。
 
 
ハイネは1850年ごろに晩年を生き、1900年前後にもよく読まれたユダヤ教出身の詩人なので……第二次大戦中のユダヤ人も、当時禁書となっていたハイネの詩を手に取って読んだはずなんです。ハイネが生きた100年後のことを考えるとハイネ詩集の印象がまるで違って見えてくるように思いました。見えるはずのない未来と、ハイネの詩が呼応しているように思いました。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/heine74.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら

全文通読はこちら

ヨコ書きはこっち






top page ・本屋map ・図書館link おすすめ本 ★本を購入する





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください