白痴(14) ドストエフスキー

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はフョードル・ドストエフスキーの「白痴」その14を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「フィリッポヴナさん」というのはヒロインのナスターシャ・フィリッポヴナのことです。ドストエフスキーの小説は、愛称やミドルネームがいろいろ変化して、あまたの脇役が大活躍するので、登場人物表と照らし合わせて読むと、かなり読みやすくなるんですが、それでも人名が多すぎてわけがわからなくなることがあります。その場合は、主人公ムイシュキンとヒロインのナスターシャという名前だけ見てれば良いのかと思います。それぞれ悪行について白状してゆこうというゲームの中で、こういう話しになります。
 

この世の中には泥棒のほうが泥棒でない人間よりはるかに多い、いやむしろ、一生の間に一度も何かしら盗みをしないような、そんな立派な正直な人間はいないと思うんですが。
 
本文とあまり関係無いんですけど、完全に合法に生きようとすると、車の時速は50キロ以上出したらいけなくなるし、アイドルの顔写真や文章を許諾無くコピペしちゃいけない。完全に合法な人生はむつかしい。
 
 
ところが、フェルデシチェンコの窃盗事件はほんとにムチャクチャなんです。ここまで意図的に悪いことをするのかと、衝撃を受けました。盗んだすぐあとに、他人に濡れ衣を着せて、無実の者を罪人に仕立てあげた。その描写がえげつない。
 
 
ナスターシャは、ひどい人間関係を憎みつつそれを望んでしまうところがある。これがこのヒロインの最大の特徴なんだと思います。いちばん親しくしているはずの相手が低劣で、ナスターシャは心底、怒ってしまう。本文こうです。
 
ナスターシャ・フィリッポヴナは忿怒ふんぬのあまりからだまでぶるぶると震わせて、ものすごいほどフェルデシチェンコをにらみつけていた。
 
この「人生でいちばん悪い行いを告白する」ゲームは、すこし懺悔に近いところはある。だが参加した人々がみな傷つくというところがまったくちがう。次は将軍が話す番なんです。「皆さん、僕もみんなと同じように、僕の生涯においてきわめて下劣な行為をしたことがあるのです」と将軍が語りだした。
 
 
将軍の告白を読んでいて、ああー、と唸りました。本文とはちょっと関係無いことなんですけど、権力を持っていてそのぶん幸福なはずなのに、なんで悪いことをしちゃうんだろうと思っていたら、部下との関係性で変なことになったようなんです……。人間関係で力を持っているぶん、人間関係が混じりあってしまって、自分の所在がどこからどこまでなのかが、意識しにくくなる。
 
 
将軍の罪の意識の描写は、権力がどうというよりも、配慮をし忘れてしまった時に起きた悲劇なんですが、なんとも不可思議なものでした。そういうことは誰でも人生で経験するのかもしれない。
 
 
ドストエフスキーの「白痴」を全文は読まないけれども、ちょっとどういうものか覗いてみたい、という方のために、今回この将軍の告白のところだけを、切り取ってみました。10分で読めますので、気になったらちょっと読んでみてください。
 
 
次の告白は、デュマの「椿姫」が引用されていました。wikipediaと同時に読んでみました。椿をどうしても手に入れて愛しい彼女にプレゼントしたかった男と、ちょっとしたイタズラ心でこの恋愛の過程を横取りしてしまった男の話です。
 
 
ドストエフスキーの人種感覚が楽しいんですよ。彼によれば「きっすいのロシア人」というのは、その血統によるのではなく、その行いによって決定づけられる。
 
 
それから、ヒロインのナスターシャが、じつに奇妙すぎる告白をする。それは、ムイシュキン公爵の判断だけに従って、成金で強欲なロゴージンとナスターシャが結婚するか否かを決める、そのようなゲームを提案して、ムイシュキン公爵はこれに「い、いけません……しちゃいけません!」と答えた。ナスターシャは、それではロゴージンと結婚をするのは辞めましょうと決めたのでした……。キャラ立ちがすごい、と思いながら読みすすめました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/dostoevskii_hakuchi14.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
登場人物表はこちら
 
 


ヨコ書き1     ヨコ書き2     ヨコ書き3     ヨコ書き4

2
 
3
 
4



 
★ドストエフスキーの本を買う






明かりの本は新サイトに移行しました!

URLの登録変更をよろしくお願いいたします。



明かりの本 新サイトURL

https://akarinohon.com

(Windowsでもなめらかな縦書き表示になるようにちょっと改善しました)








top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


Similar Posts: