ハイネ詩集(49)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その49を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ハイネは「真黒」という色彩をこの詩集に数回使っているんですが、それが印象深かったです。ハイネは、太陽と海を、真っ黒に描きだすんです。はげしい自然の描写で、黒が用いられるんです。ハイネは、美しい女がまるで真っ黒な太陽のようだ、と明喩で表現します。
 
 

おゝ、真黒な太陽よ
わたしはどんなに感動して
どんなに屡々おまへの焔を飲んだらう
 
  

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/heine49.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください