こども風土記 柳田國男(29)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は柳田國男の「こども風土記」その29を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
子どもの特徴は、大人の行動を模倣したのちにそれを遊びとして改良することだと、いう指摘のあとに「姉さまごと」という謎の言葉が登場します。調べてみると、辞書にも載ってました。大辞泉すごいですね、こんな誰が使うんだという言葉をちゃんと載せている。
 
 
あと「バエバエゴク」というムチャクチャにレアな方言については『日本語コロケーション辞典』というネット上のロボットが作った辞書がこれを記載していました。たぶん自動処理で言葉の意味を同定し転載しつつ纏めているサイトなんだと思います。柳田はこう記します。
 

たとえば備前の邑久おく郡などで、ままごとをバエバエゴクというのは、かまの下にく火を形容した小児語がもとらしい。
 
 
柳田は、子供が光るものに夢中になるという特性について指摘しています。この辺りの考察は読んでいて、今回とくに面白かったです。そういえば現代も、子供用の玩具で人気なものはピカピカ光りますよ。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki29.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 



Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください