ハイネ詩集(66)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その66を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ハイネの詩は、なんだか不可能なことを言おうとしていて、そこに惹きつけられるんですけど、そういえば詩はそもそも、普通なら言いようが無いことを詩にしているわけで、常識の範囲外の、いったいどこを描くのかが詩の魅力の中心にあって、ハイネのその独自の詩世界がこんかい露わになっているように思いました。
 

消えた火は何処へ行つたのだらう?
吹きやんだ風は何処へ行つたのだらう?
 
  


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/heine66.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら

全文通読はこちら

ヨコ書きはこっち




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください