ハイネ詩集(38)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その38を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回は、詩というよりも掌編小説のような構成になっていて、不思議な印象の作品なんです。この12行の詩を12ページに引きのばしたら、どこからどう見ても短編小説になるなと思いました。カルピスの原液みたいなものが詩で、それを水と氷でうまく割ると小説になるんでないか、と思いました。
 
 
市中まちぢゆうをわたしはかけ廻る / 市中まちぢゆうの宿屋から宿屋へと」という詩を読んでいたら、漱石の「夢十夜」とか谷崎の「まんじを連想しました。
 
 
もう一つの詩の「わたしの古い友逹よ」という言いまわしがすてきでした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/heine38.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください