こども風土記 柳田國男(40)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は柳田國男の「こども風土記」その40を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
こども風土記は次回で完結です。今回この本で、消えつつあるこどもの遊びのその詳細を読んでいて、情報の集め方と、集まり方の偏りについて意識するようになりました。
 
 
柳田の本とは、まったく関係がないんですけど、120年に1度いっせいに開花する、真竹の花の開花の様子とその写真を調べてみたい、と思ったことがあるんです。真竹の花が一斉に開花したのが1960年ごろの出来事で、1960年といったら、書物や映像でいろんな記録が残っているわけで、インターネット上にもあるかな、と思ったんですけど見つからない。竹の花の写真はいろいろ見つかったんですけど、1960年の様子はちっとも発見できなかった。見えそうで見えなくなるものが、いっぱいあるんだなと、思います。
 
 
商売にもならないし、趣味にもならない領域というのが確実にあって、そういうものは探そうとしても見つからなくなってゆく。ほとんど誰も理解できなくなりそうになっているものを、究明する学者がいるんだなと思いました。
 
 
子どもがたのしむ、棒をメンコのようにたおしあうゲーム、ネンガラ。当時の子どもたちを魅了した鉤枝のかたち。二叉にわかれた木の枝には、霊的な力があると、かつては考えられていた、と柳田は指摘しています。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/kodomo_fudoki40.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
横書きはこっち
 
 
 
 
 





top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 



Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください