白痴(12) ドストエフスキー

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はフョードル・ドストエフスキーの「白痴」その12を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ガーニャの弟コォリャ(コーリャ)が前回から何度か出てきているんですけど、ガーニャと比べるとかなり良い奴で、話しは穏やかに進行する。
 
 
この小説には将軍が2人出てくるんです。実業家のエパンチン将軍と、ガーニャの父イヴォルギン将軍。イヴォルギン将軍は酒浸りで虚言癖がある。ナスターシャのことを「破廉恥の淫売婦」と言いつのり、なんども逢ったことがあると言うんですけど、これもぜんぶ虚言なんです……。まあ完全にヘベレケに酔っ払った将軍の言うことなので、誰も本気にはしておらず、主人公ムイシュキンは、この将軍と一緒に、ナスターシャに会いに行くことになる。
 
 
……のですが、やっぱり将軍はどこまでもウソしか言わないので、ナスターシャに逢うことが出来なかった。「胸の中に弾丸を十三も持った男」とか自分のことを言うんですけど、これもウソなんです。そこまで徹底してウソしか言わないのかと……。
 
 
で、しょうがないので主人公は、コーリャに頼んで、ナスターシャに会いに行くことにした。こんどは本当に、ナスターシャのところにたどりついた。ムイシュキンはどうしても、ナスターシャに今あっておきたい。なぜかというと……次回に続きます。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/dostoevskii_hakuchi12.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
登場人物表はこちら
 
 


ヨコ書き1     ヨコ書き2     ヨコ書き3     ヨコ書き4

2
 
3
 
4



 
★ドストエフスキーの本を買う






明かりの本は新サイトに移行しました!

URLの登録変更をよろしくお願いいたします。



明かりの本 新サイトURL

https://akarinohon.com

(Windowsでもなめらかな縦書き表示になるようにちょっと改善しました)








top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


Similar Posts: