痴人の愛(13〜14) 谷崎潤一郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は谷崎潤一郎の「痴人の愛」その(13〜14)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
譲治はずっと会社員をしているわけなんですが、そこでは上辺のつきあいしかなく、じつはナオミと結婚したこともちゃんと報告していなかった。若いナオミに翻弄されているという事実も、会社の同僚はまったく知らない。なんでも透明化すれば良いってもんでも無いとはおもうんですが、そこまで重大なことも伝わっていない関係というのは、やばいなと思うんです。
 
 
谷崎は、自由で計画性のある人生をすごしてきたはずなのに、なんでこう、不自由で無計画な男のことが、こんなにもよく判るんだろうかと、読んでて面白かったです。ナオミはもしかして、奔放に浮気をしているかもしれない。譲治はそのことについて悩んでいる。
 
 
谷崎は、やっぱり恋愛の情景を描くのがみごとで、まるで印象派における裸婦の絵画のように美しい文章を記します。ピエールボナールの浴槽の裸婦 (Nu Dans le bain)という作品を想起しました。描かれた年代もほぼ同じなんです。谷崎が本作を1924年に発表して、ボナールは10年後くらいにこの絵画を描いている。ちょうど同時代なんだなあ、と思いました。ナオミと譲治は仲直りをして、10日間ほどの休暇をもらって、二度目のハネムーン……のような旅に出かけるのでした。しかし、そこでも……。次回に続きます。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/chijinno_ai07.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
     ヨコ書きはコチラ




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください