ハイネ詩集(20)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その20を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
最近Apple Musicにはまっていて。100万人くらい居るミュージシャンの中で、チャーリープースの甘い歌声だけが異様に気に入ってしまって、もうこの”How Long”ばっかりをくり返しくり返し聴いているんですけど。


 
今日の詩は、こういう甘い感じがして良いなあと思いました。ハイネの詩はいろんな意味で甘いと思うんです。チャーリープースの歌声くらい甘い。こういうのです。
 
 
 もしもわたしが燕なら、かはいゝ人よ
 おまへのところへ飛んで行かう
 そしておまへの窓ぎはに
 わたしの寝床をつくらう
 
 ……

 もしもわたしが夜鶯うぐひすなら、かはいゝ人よ
 おまへのところへ飛んで行かう
 そしてみどりの菩提樹で
 夜つぴて歌つて聞かさうに
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/heine20.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち






明かりの本は新サイトに移行しました!

URLの登録変更をよろしくお願いいたします。



明かりの本 新サイトURL

https://akarinohon.com

(Windowsでも、なめらかな縦書き表示になるように改善しました!)

appleのmacやタブレットやスマートフォンなど、これまで縦書き表示がむずかしかった端末でも、ほぼ99%縦書き表示に対応し、よみやすいページ構成を実現しました。ぜひ新しいサイトで読書をお楽しみください。






top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 


Similar Posts: