キツネノヘダマ 牧野富太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は牧野富太郎の「キツネノヘダマ」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
キツネノヘダマというのは、オニフスベのことです。wikiにこのキノコの詳細が載っているのですが、夏の終わりごろに、庭先にも突然あらわれるので、妖怪みたいに思えるキノコなんです。写真を見ても、いかにもキツネのヘダマという感じで、ひょうきんな形をしています。牧野の絵ではこう描かれています。
 
 
 
 
ヘンなキノコなんです。与謝蕪村だったら、これをどう描いてどう詠むんだろうか、とか思いました。牧野富太郎の筆致がおもしろくて、本文こう書いています。
 
 
  狐ノ屁玉ヘダマ、妙な名である。また天狗テング屁玉ヘダマという。これは一つの菌類であって、しかも屁のような悪臭は全然なく、それのみならずそれが食用になるとは聞き捨てならぬキノコ(木の子)、いやジノコ(地の子)であって、常に忽然として地面の上に白く丸く出現する怪物である。
 
 
つづきは、以下からお読みください。
 
 

 
 
以下の「シンプル表示の縦書きテキスト」をご利用ください。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/migration/shokubutsu_ichinichihedama.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
★シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
  
 
 
 
          (横書きはこっち)
 
 
 






明かりの本は新サイトに移行しました!

URLの登録変更をよろしくお願いいたします。



明かりの本 新サイトURL

https://akarinohon.com

(Windowsでも、なめらかな縦書き表示になるように改善しました!)

appleのmacやタブレットやスマートフォンなど、これまで縦書き表示がむずかしかった端末でも、ほぼ99%縦書き表示に対応し、よみやすいページ構成を実現しました。ぜひ新しいサイトで読書をお楽しみください。











 ここからは新サイトの「ゲーテ詩集」を紹介します。縦書き表示で読めますよ。
 幼かった頃の夢想のことを、ゲーテは「黄金の空想よ」と記します。ゲーテの詩には、神話的なものと理知的なものが混在していて、これが魅力のように思います。ゲーテはゲルマン神話と、とくにギリシャ神話の影響が色濃いようです。
 この詩集は生田春月が翻訳をした作品です。ゲーテは政治家としても活躍し、かのナポレオンからも尊敬されていた作家で、その言葉を詩で楽しめるというのは、なんだか嬉しいように思います。

  

縦書き文庫の装画
装画をクリックするか、ここから全文を読んでください。 (使い方はこちら) (無料オーディオブックの解説)
(総ページ数/約10頁 ロード時間/約10秒)
 
『ゲーテ詩集』全文を読むにはこちらをクリックしてください













top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本 ★書籍&グッズ購入 





 


Similar Posts: