与謝野晶子詩歌集(36)

今日は「与謝野晶子詩歌集」その36を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 

小傘をがさとりて朝の水くみ我とこそ穂麦ほむぎあをあを小雨こさめふる里

という歌は、なんだか一茶の俳句みたいだ、と思って「穂麦」の句を調べてみると、一茶はこういう俳句を詠んでいました。
 
しの竹のひよろひよろ暮る穂麦哉
妹が子は穂麦の風にふとりけり
首たけの水にもそよぐ穂麦哉
 
  

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/yosanoakiko036.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 


よこ1   よこ2   よこ3


その1   その2   その3


 
 
 







明かりの本は新サイトに移行しました!
URLの登録変更をよろしくお願いいたします。

明かりの本 新サイトURL
https://akarinohon.com







top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本