秘密 竹久夢二

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は竹久夢二の「秘密」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
竹久夢二は画家なんですけれど、随筆や短編もいくつか書いています。絵のイメージにそっくりで、じつにロマンチックな文章でうたれます。竹久夢二は少女に対する感覚がじつにするどいです。こんなことを書くんですよ。
 
 
  泪(なみだ)とさへいへば悲しく流れるとばかり、世間では思つてゐらつしやらうが、少女達の夢の国では、嬉しいにつけ、かなしいにつけ、くやしいにつけ、なつかしいにつけ、わけもなくこぼれるのです。
 
 
それから、少女がほんのすこしだけほほ笑んでいるその意味を、夢二は、こう解きます。母にいったい何がおかしいの、ときかれても、とくに理由もなく静かにほほ笑んでいる。どうしてかというと、夢二はこう記します。
 
 
  そんな時に、黙つて微笑んでゐることが夢の国を、より美しく、より楽しいものにする掟であつた。微笑ほど安全な答がどこにあらう。さうする事によつて、夢の国は少しも犯されず、知らずにただうら若い少女だけが、永遠に占領することが出来るのであつた。

 
さまざまなことを秘密にしてほほ笑んでいるという、10何歳かの頃に出会った少女にあまりにも似ていて驚きました。普遍的な少女像だと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/himitsu.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.