神曲 天堂(29) ダンテ

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はダンテの「神曲 天堂」第二十九曲を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回は、ベアトリーチェによって、天使のことが語られています。だんだんこう、天堂篇の終盤に近づいていて、佳境というか、映画で言うと「2001年宇宙の旅」のクライマックスのような、恍惚としたイメージが漂いはじめます。読んでいてこう、変に引きずり込まれるような荘厳さというのを感じます。
 
 
あの、なんというのか悪い新興宗教にはまってしまう若者の感覚が判るような、そういう強い引力というのが、ダンテ天堂篇の二十九曲には確実に存在しているように思います。どういうことが書いているかというと、宇宙の神秘であるとか、「時間を越えた永遠の中で」……「あらゆる善」……「永遠の愛が……」というように、至上のことを書いているんです。しかも、これまで読んできた長い旅路のことを想起させつつ、ついにもっとも素晴らしいところへ辿りついたというような歓喜がこう、自然に描写されているので、時代と思想が異なる自分が読んでいても、ぐわっと引き込まれてしまいます。
 
 
しかも、語りかけてくる者がですね、ダンテがもっとも愛した異性であるわけで、さらに作者も彼の文学人生のまさにクライマックスに至っているわけで、恍惚として記しているわけですから、これは読んでるだけでも危ない! と思いました。と言っても、これはべつに悪書というわけではなく、危険思想が込められているわけでは無いのでまあ引きずり込まれても大丈夫だとは思うんですが。とにかくこう、引力のすさまじさというのに圧倒される章でした。
 
 
それから、ベアトリーチェは神学について批判を行い、キリスト教を信仰するにおいて、聖書の重大性というものを説きます。キリスト教徒はなによりも、聖書を大切にするものなんだなと思いました。



 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/dante3_29.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)

iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら 横書きはこちら
 
 
全巻通読はこちら
http://akarinohon.com/dante/
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ★おすすめ書籍





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です