初旅 寺田寅彦

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は寺田寅彦の「初旅」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
寺田寅彦は、東大というか帝大の知識人で、そもそもの専門は物理学なんですけど、随筆の名作が多くて、判りやすい言葉づかいで、どれを読んでも興味深いものばかりです。今回は、幼い頃の旅のことを書いています。はじめての旅、ということを書いています。
 
 
1893年(明治26年)ごろの、日清戦争がはじまるまえに、旅をしたのだそうです。クジラを見にいって、みたかったと言うんですよ。そもそもは、父からご先祖さまの墓参りをしてきなさいと言われて、旅に出たのだそうです。
 
 
それで寺田寅彦は、旅先で見せてもらった、絵巻物の鯨に目を見はり、それを写生までしたのだそうです。
 
 
子どもの頃に読んだ、鯨のせなかにのって、空を旅する童話のことを思い出しました。
 
 
旅にゆきたくなるような、随筆でした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/hatsutabi.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です