巨椋池の蓮 和辻哲郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は和辻哲郎の「巨椋池の蓮」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
和辻哲郎のこの随筆を読むと、今はもうすべてが失われ田んぼとなった、巨椋池の美しい情景をまのあたりにしたように思えました。巨椋池があった場所へ行ったことがあるんですが、一面の田んぼと、古い家が幾つか残っていて、桜並木や神社がありました。そこには洪水があったことを伝える石碑が残っていて、かつてここが漁師たちの村だったことが記されていました。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/oguraikeno_hasu.html
(約16頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です