貧しき信徒(11) 八木重吉

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は八木重吉の「貧しき信徒」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回の「涙」という詩を読んでいて、これはじつに独特なものだと思いました。現代詩ではほとんどまったく表現されない、JPOP音楽の歌詞よりもさらに単純な詩があって、現代書店で並ぶような詩集で、このようにシンプルなものは他にはないんじゃないだろうかと思いました。
 
 
それから、「お銭」と書いて「おあし」と読むのかと、知らないことを今日もまたひとつ知ったなと思いました。このまえ、ユダヤ教の教えにかんする文章を読んでいて、ユダヤ教では「空っぽの財布というのは、不幸の元凶になるから気をつけなさい」と言うような訓告があって、このまえたしかにそうだと思って納得をしていたんです。図書館をしょっちゅう利用しつつ、このように金の生じないサイトを作ってる自分としては気まずい話なんですが。
 
 
「水や草は……」という詩と、自然界を捉えた詩はほんとに、これを読みたかったんだ! と唸りました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/mazushiki_shinto11.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です