海潮音(7) 上田敏

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は上田敏の海潮音その7を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回は意外な作者の詩です。ヴィクトル・ユゴーです。あの「ああ無情(レ・ミゼラブル)」を書いた小説家の詩です。ああいう情熱的な小説を書いた人が、このように詩を書いたのかと驚きました。
 
 
カインが罪を犯し、その罰として呪われて、難民となるさまが詩に描かれています。翻訳者がまったくちがうので、文体がレミゼラブルとかなり異なりますが、やはり書かれる内容はまさに、レ・ミゼラブルです。
 
 
ユーゴーは、殺人の罪をおかしてしまった人間の、復活について、さまざまな角度から考えた作家で、今回の詩では、カインの苦難を詩情豊かに描きだしています。
 
 
ユーゴーは他に、「死刑囚最後の日」という、死刑制度反対を明確に打ち出した物語を書きました。この問題に興味のある方は、ぜひ読んでみてください。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/kaichoon07.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください