羅生門 芥川龍之介

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は芥川龍之介の「羅生門」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
羅生門と言えば黒沢明監督の名作を思い出します。黒沢版は芥川の「藪の中」をベースにした話でまったく別のストーリーになっています。


この羅生門という物語は、デジタル社会で不足してしまうようなリアリティがあると思います。現実というのは汚いし危ない。平安時代の末期には羅生門付近は大変に荒廃していて死や腐敗があふれていた。そういう危ないところをなんとか生きている人々の話です。
 
 



こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/basic/rashomon.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
 





top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください