草枕(13)夏目漱石

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は夏目漱石の「草枕」その13を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
草枕は、今回の第13章で完結です。次回から、漱石の『虞美人草』を読んでゆこうかと思います。
 
 
病身の正岡子規が、従軍記者となり、日清戦争末期の取材に出かけるために、軍と行動をともにする、そういう選択をした、そこのところを、今回、漱石は物語に落とし込んで、描いているように思いました。山奥の、何も起きないはずの土地にまで、日露戦争という、大きな現実が入りこんでくると言う描写でした。
 
 
舟のシーンが印象的で、漱石の友人であった森鴎外の『高瀬舟』(1916年・作)と共通する描写があるように思いました。
 
 
漱石の求めた非人情、義理や人情から解放された心もち、というものが、やっと目に見えて物語に現れてきたように思えました。どのような状況であっても、そのすぐそばに、なにか安らかなものが存在している、という描写があって、美しかったです。女は、わたしの顔を、絵にしてみてください、と言うのでした。それぞれにゆくところがまるで異なるのに、同じ舟に乗って、しずかに話しあっている、というのがじつに文学的な情景だなあと思いました。
 
 
ここから先は、完全にネタバレなので、今からはじめて草枕を読み終える予定の方は、読まないでほしいんですが。ビルケナウ強制収容所へと続く線路であるかのように、不吉な文明の象徴が描かれていて、読んでいるだけで顔が蒼くなりました。原文はこうです。
 
 
  余は汽車の猛烈に、見界みさかいなく、すべての人を貨物同様に心得て走るさまを見るたびに、客車のうちにめられたる個人と、個人の個性に寸毫すんごうの注意をだに払わざるこの鉄車てっしゃとを比較して、――あぶない、あぶない。気をつけねばあぶないと思う。現代の文明はこのあぶないで鼻をかれるくらい充満している。おさき真闇まっくら盲動もうどうする…………
 
 
スタンドバイミーや宮沢賢治の銀河鉄道のように、ゆたかな旅路へと導いてくれる線路ではなく、まさに破滅へ向かう鉄道が存在しうることを、1906年ごろにすでに描いていたというのが衝撃でした。女は、愛しさからか、兵にとられる男に「死んできなさい」と、ひどいことを言う。しかし、その女の表情には、あはれ以外のなにものでもないものが宿っていた……。
 
 
漱石は、作中で、フランス革命と、イプセンと、個人の革命について、論じていました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/kusamakura13.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
紙の本で読みたい方は、Amazonで買えますよ。
 





top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です