若菜集(11) 島崎藤村

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は島崎藤村の「若菜集」その11を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
えーとあの、日本の政治家は「終戦」とばかり言うけど、戦争の体験をされた方や日本現近代史を学んだ人は「敗戦」と言う、という指摘をされたことがあって、海野十三の敗戦日記をもう一度読んでみたら、たしかにこの二つの言葉を、明確に使い分けしていました。
 
 
ちょっと前に「悩むのは良いけど、迷うのは良くない」という発言をツイッターで読んで、なるほど、たしかにふだん気にしていないけど、この二つの言葉は異なるなあ……、と思ったりしました。辞書で調べると、意味がまったく違うわけなんですよ。めちゃくちゃ当たり前なんですけど。「悩む」「迷う」
 
 
藤村は今回、こんなふうに詩を書いています。
 
 
つかれてなやむあらそひを
闇のかなたに投げ入れて
夜の使つかひ蝙蝠かはほり
飛ぶ間も声のをやみなく
こゝに影ありまよひあり
こゝに夢ありねむりあり
こゝに闇あり休息やすみあり
……………………
…………
 
 
それから、哲学書の初歩的なものを読んでいると、まったく普通の言葉を、まるで異なる意味として用いる、というのが哲学の伝統で、言葉の使われ方というのは、面白いもんだと思いました。
 
 
そもそも、漢字は中国から、ほぼそのまんまコピー&ペーストじゃあないですけど、写させてもらったもので、ひらがなが日本独自の文化というのも、おもしろいです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/wakanashu11.html
(約2頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です