自作を語る 太宰治

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は太宰治の「自作を語る」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは、ごく短い随筆です。小説に対して自序や、紹介文や、あとがきや、解説を書きたくない、というのが太宰治の考え方なんです。蛇足をしない、という太宰治がいざその、自著を語るとなると、むしろ他の作家よりも、具体的に書いてしまって、さらにその作者の内面まで描きだしてしまう、というのが、面白かったです。
 
 
太宰治はこう記します。
 
 
  私は、私の作品と共に生きている。私は、いつでも、言いたい事は、作品の中で言っている。他に言いたい事は無い。
  …………
 
 
後半の、親友との話が印象深かったです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/jisakuo_kataru.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です