母を尋ねて三千里 アミーチス

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日はアミーチスの「母を尋ねて三千里」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは、昔アニメでもやっていたのを見たし、何回か読んだものなのですが、再読してみると、冒険譚としての設定がしっかり作られていて印象深い話しなんだなと、改めて思いました。
 
 
少年が無謀な旅をするんですけど、誰もがそうしたくなる原因というか環境がある。「ぼくがやるんだ」というのがすんなりとこう、入ってくる物語なんです。
 
 
あとアミーチスは、主人公の名をマルコとしており、これは……マルコ伝を意識して書いたのか、調べてみてもちょっと判らなかったです。ただ、マルコ伝のことを調べてみると、その特徴として、マルコはまだ幼すぎる、ということや、母とマルコとの関係がポイントだったり、またマルコはいろんな人に積極的にくっついて関わってゆくので、自分としては、この少年マルコは、あるていどマルコ伝のマルコを意識して書かれたんだろうと、勝手に空想し……ようと思ったんですけど、やっぱりぜんぜん関係無いようにも思います。
 
 
それから、この「母を尋ねて三千里」のもともとのかたちは、「クオレ」という長編小説があって、そのなかの一部分として「母を尋ねて三千里」というマルコの独立した物語が入っているんです。そのへんのことは、wikiに詳しく書いていました。
 
 
オチをはっきり覚えてはいなかったもんですから、最後どうなってしまうんだろうと、ハラハラして読めました。物語の終わりの、その先の展開は、読者の想像に委ねているところがあって、そこがやっぱり文学の魅力だなあと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/hahao_tazunete_sanzenri.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です