田端日記 芥川龍之介

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は芥川龍之介の「田端日記」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ぼくは、インターネットとは異なるオフラインの日記を書いています。何のために日記を書いているのか自分でもよく判らないのですが、あとから思い出せない人名を思い出すのに、検索機能を使って探したり、1年前のある日は、いったい何をしていたのか調べるために日記の日付を検索したりします。今日のことで言えば、ここ最近洪水と大雨がはげしかった地域があったということを知って、それで自分は大雨の時どういう気分で文章を書いているのかと知りたくなって、そのワードで検索をしたりします。日記を記していると、自問自答することになります。今ここでこうしている私自身とはいったい何なのか、ということを自分なりに考えるための、良い道具だと思います。
 
 
日記と言っても、思想的なものや天候の記録といったものなど、多種多様にあります。ぼくが一番好きな日記は、ウィトゲンシュタインの哲学宗教日記です。
 
 
日記を書きはじめると、思考が変わったように思います。文章構造に似た、理路整然とした思考に近づいていった気がするんです。むかしはもっとデタラメなものを好んでいたのですが、日記を書くようになると、読みたい本や見たい映画が変化するんですよ。『書いてダイエット』という方法を使ってダイエットが出来るという話がありますよね。ただただ食べたものを書くだけで、食べすぎないで済むんです。あれは本当だと思います。むかしは出来が悪い暴力映画とかを好んで見ていたのですが、読書録をつけながらコンテンツに接するというクセをつけると、デタラメな作品を見ながら感想を書いている自分自身がバカバカしくなるんですよ。
 
 
あまり読んだことが無いのですが、文学者の日記はかなりたくさん残されています。作家のエッセーを読むと、書いて読む、読んで書く、ということを基本としているんだなと思いました。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/tabata_nikki.html
(約18頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください