美味い豆腐の話 北大路魯山人

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は北大路魯山人の「美味い豆腐の話」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
京都の南禅寺で湯豆腐を食べたいなあ、という欲望がなんだかいつもあるのです。想像しているだけでも十分なんじゃ無いかという気さえしてきます。欲望は持続させると現実になる気がします。ものすごく時間差があって、すぐには実現しないんですが。こういう欲望は、事情がバッティングしていないから問題なく実現するみたいなんですが。考えてみれば自宅で親しい人と和やかに湯豆腐を食べられたら、それでじゅうぶん美味しくて楽しいように思います。もみじおろしと、ポン酢しょう油とちょっと高い豆腐があれば充分なわけで。「欲望が消えるはずないんだから、どうせなら良い欲望を持とう」というふうなことをさいきん考えています。
 
 
ところで、京都府南丹市にじつに不思議な豆腐屋があるのをご存じでしょうか。スーパーに行って豆腐を探すと見つかります。嘘でしょうというようなパッケージで、食べると美味いんです。
 
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/umai_tofuno_hanashi.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です