晶子詩篇全集(22) 与謝野晶子

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
 
今日は「晶子詩篇全集」その22を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 

生まれたばかりの赤ん坊のことを書いた「アウギュストの一撃」という詩がすてきです。ニーチェの言うところの「力への意志」を描いた詩に思えます。ニーチェの思想はナチスによって曲解・誤用・悪用されたという不幸な歴史があるのですが、与謝野晶子はそれを個人的な生を描きだす詩に、昇華していったように思います。
与謝野晶子は自身の詩の原典となっているものを、
 
 
ニーチェの過ぎたる路、
トルストイの過ぎたる路、
ドストエフスキーの過ぎたる路、
 
 
というように詩の中に書き記しています。これらの原典を読んでゆくとより与謝野晶子の詩が楽しめるんじゃないかと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
 
http://akarinohon.com/center/akiko_shihen_zenshu22.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
晶子詩篇全集 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32    


与謝野晶子歌集はこちら




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください