山越しの阿弥陀像の画因 折口信夫

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は折口信夫の「山越しの阿弥陀像の画因」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
えーと、折口信夫は国文学者として有名なんですが「死者の書」という物語を残した小説家でもあります。この死者の書の終盤で登場する阿弥陀仏のイメージは「山越しの阿弥陀像」から想起されたそうです。どういう絵かというと、これなんですよ。

山越しの阿弥陀像

山越しの阿弥陀像



小さい画像では何がなんだか判らないと思いますが、かなり神秘的な印象です。これは山に太陽が沈んでゆく情景を仏様にみたてて描いたものなのだそうです。この山越しの阿弥陀像から想起されて、あの「死者の書」の後半の美しい描写が記されたのかと思うとなんだかすごいなと思います。原画を見に行ってみたいです。山越の阿弥陀像というのは、他にもたくさんの画家がこれを描いているんです。詳しくはこちらのブログ記事をご覧ください。
 
 
このまえ折口信夫の「死者の書」を読んで、なんだかはじめて日本の古典文学に触れたという気がしたんですが、そのイメージの原典となっているのがこの仏教美術なのだそうです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/yamagoshi_shinjikyukana.html
(約20頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.