ゲーテ詩集(12) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(12)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
詩の中に蝶が登場するんですが、蝶にたいする不可思議な夢想というのは、けっこう万国共通なんだなと思いました。荘子が語った「胡蝶の夢」ともやや共通する詩です。自然と動物に対する感情移入について、ゲーテと荘子はどこか似ているところがあるんですが、ゲーテの独自性というのは異性に対する恋愛感情を美しく歌いあげたところにあるように思えました。
 
 
わたしは息が絶えたとき
蝶のすがたに身を変へて
楽しい時を送つたあのなつかしい処へと
ひらひらと飛んで行く
牧場をぬけて泉水の方へ
丘をめぐつて森越えて
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/goetheanthologie12.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください