ゲーテ詩集(30) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(30)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ゲーテは花と感情を結びつけて詩を描いています。今回も、ゲーテの詩を翻訳した生田春月の詩を1つ紹介します。
 
 
若き女性に与へて     生田春月

うるはしき面輪に匂ふ春の光りに
ゆるやかに水の流るるほとり、
おもひをゑがく君たちの心の鏡、
その清き瞳とこぼれいづる頬笑やいかに。

くろかみに光りかがよふ秋の入日を
ふりはへて窓かけしぼり見る夕、
あこがれゑがく君たちの善き魂の
花と咲きづるかぐはしき匂ひはいかに。

咲く花の蕊(しべ)の中なるその秘密を、
波打つ海の底なるその恐れを、
風わたる林のなかのそのさやぎを、
めぐる日月のうつろひを、君も知るゆゑ。

真珠(またま)なす少女(をとめ)の身にもおそひくる
そのくさぐさの憂ひ、痛みを
心離れて堪えがたみ、生きは迷ふも、
その迷ひ、その憂き中に生命めでたし。

うらわかき少女子たちの行末の
幸をねがひて、詩人われ告ぐるはかくぞ、
苦しとも憂しとも君よ、捨てたまふな、
又となき世に、ひたすらに生くる勇気を。
 
 
 
ゲーテは、ドイツの庭園でのできごとを印象的に描いています。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/goetheanthologie30.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です