忘れられたる感情 小川未明

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は小川未明の「忘れられたる感情」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
小川未明は子どものために童話をたくさん作った方です。それで、子ども時代をすごく大切にしています。ぼくは最近、いろいろな本屋や図書館やを巡っていて、それでハッと気がついたことがあります。大人のためのコンテンツよりも、子どものための創作物と言うのは、作り手が本気で伝えたいことをかなり熟考して書き直している場合が多いので、読んでいると本質的なことが書いていて参考になります。親が子の世代のことを考えて書いているという本が好きなのであります。
 
 
記憶力の良い人なら、暗記したことを忘れないのでしょうが、ぼくは記憶力があまり良くないので、しばらくするとものごとを忘れてしまう。それで、それを思い出すために久しぶりに子ども時代に読んでいたものを読み返すと、かなり参考になるところが多いのです。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/wasureraretaru_kanjo.html
(約4頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください