海潮音(10) 上田敏

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は上田敏の海潮音その10を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回は、秋の詩が印象的です。今、肌寒い春にこれを読んでいるとじつにちょうどよく季節の描写を楽しめました。秋の葉のもの悲しさ、美しさを描いています。

 
それからヘリベルタ・フォン・ポシンゲルという謎のドイツ人の詩が気に入りました。こんなのです。

されど夕闇おちくれて、
星の光のみゆるとき、
病の床のちごのやう、
心かすかにうめきいづ。

ポシンゲルは、1849生まれのドイツの絵描きで、女性なんだそうです。それ以外は謎です。ハイネの「花のをとめ」はさすが有名な詩人だけあって印象深いです。
 
 
むずかしい言葉を調べてみました。
 
 (ただの旧字なんですが)
 
たれ
 
ちご
 
をみな

はた
 
めぐし
 
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/kaichoon10.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください