草枕(5)夏目漱石

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は夏目漱石の「草枕」その5を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
こんどは、散髪屋での、江戸っ子どうしの会話が中心になっています。刃物をとりあつかっていて、なにか危なっかしいシーンで、カミソリで肌が切れそうになったりする。書き方が軽快で、なんだかラップのセリフみたいです。こういう原文です。

 
  顋(あご)のあたりに利刃(りじん)がひらめく時分にはごりごり、ごりごりと霜柱(しもばしら)を踏みつけるような怪しい声が出た。
 
  最後に彼は酔っ払っている。旦那えと云うたんびに妙な臭(にお)いがする。時々は異(い)な瓦斯(ガス)を余が鼻柱へ吹き掛ける。これではいつ何時(なんどき)、髪剃がどう間違って、どこへ飛んで行くか解らない。使う当人にさえ判然たる計画がない以上は、顔を貸した余に推察のできようはずがない。
 
 
それから、男は、かなり奇妙なうわさを聞く。男の泊まっている宿の女が、どうも「キ印」である、という話なんです。美人だから、男が言い寄ってくるわけなのだが、ある日、坊主から恋文をもらった女は、坊主の寺に乗りこんでいって、仏様の目の前で、抱きついてしまう……。たいていの男は、あの志保田の宿の女に、狂わされてしまう……。そんな事実とは思えない噂話を、床屋のあるじが聞かせてくる。どうも妙な展開になってきて、興味深いストーリーでした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/kusamakura05.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.