青猫(4) 萩原朔太郎

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は萩原朔太郎の「青猫」その4を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
詩集青猫の冒頭部分では、密林の険しさや腐敗、森が人の侵入を拒むような描写が続いていましたが、後半部分では怠惰に陥った人の憂鬱を、自然界が厳かに包み込んで治癒しているような印象が生じています。「憂鬱なら、森を見に旅へ出ろ」と言わんばかりの展開です。
 
 
 最も原始的な情緒

この密林の奧ふかくに
おほきな護謨(ごむ)葉樹のしげれるさまは
ふしぎな象の耳のやうだ。
薄闇の濕地にかげをひいて
ぞくぞくと這へる羊齒(しだ)植物 爬蟲類
蛇 とかげ ゐもり 蛙 さんしようをの類。
白晝(まひる)のかなしい思慕から
なにをあだむが追憶したか
原始の情緒は雲のやうで
むげんにいとしい愛のやうで
はるかな記憶の彼岸にうかんで
とらへどころもありはしない。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/aoneko4.html
(約6頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください