新しい国語教育の方角 折口信夫

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は折口信夫の「新しい国語教育の方角」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
折口信夫(おりくち しのぶ)というかたは、「死者の書」という小説を書いたり、正岡子規の雑誌に歌人として参加したり、北原白秋と「日光」という雑誌を作ったりした詩人でもあり、そして民俗学者、国文学者、国語学者であるのです。一番の専門は民俗学で、かの遠野物語を研究した柳田國男のお弟子さんなのです。その民俗学を研究している時に、いろいろ創作熱が生じたようです。本業が学者なのに芸術家でもあるという人はけっこう多そうで少ないような気がしますです。今後、小説「死者の書」など、いろいろと紹介してゆきたいと思って準備中です。
 
 
この「新しい国語教育の方角」は、折口信夫が子ども時代に読んだ本の話を書いています。子どものための、すてきな読書法としても読めると思います。近松門左衛門や、柳亭種彦を好んで読んだそうです。それで、2歳年上のませた友人がいて、その人が源氏物語などに関する本について、登場人物の心情をうまく教えてくれたりするので、読書欲がもうぜんと燃え上がり、乱読といえるほどあまたの本を読み通した、と記しています。こういった経験がのちに学者になって生きたようです。ためになる読書と言うよりも、面白くてしかたがないので古典をたくさん読んだようです。
 
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/atarashii_kokugokyoiku.html
(約15頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ★おすすめ書籍





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です