ゲーテ詩集(7) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(7)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
若紳士という詩が、これが好きになりました。ギリシャ神話のことを普通に語らいあっているようなそういう詩です。日本で言うと、古事記のスサノオのわがままっぷりとそれと男らしさについて、野球選手の話のようにふつうに話したりできる、という感じなんでしょうか。
 
 
遠くかすんでしまった神話のことを普通に話せるヨーロッパってすごいなと思います。むかし学生時代にゲーテを愛読している知人が居てですね、対人関係が温和で異性からよく好かれていたんですよ。なるほど、幼少からゲーテを愛読していれば、これは異性にモテるなと、いま気付きました。いまさら遅いかもしれないんですが。
 
 
パリスは森や洞窟で
ニムフと一緒に遊んでゐたが
一つ虐めてやらうとゼウスの神が
三人の女神をお送りになつた
今も昔も女を選ぶのに
これほど迷つた男といふものは
一人も外にありますまい
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/goetheanthologie07.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.