ゲーテ詩集(18) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(18)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ゲーテは恋を詩の中心に持ってきているんですが、いまそれと無縁な人でもやっぱり読み応えはあるんじゃないかと思えます。片思いでも恋ですし、かつての出会いの追憶でもゲーテの詩と響きあうところがあると思えます。「山から」という詩があるんですよ。こんな詩です。
 
 
若しもわたしが愛するリリよ、おまへを愛してゐなかつたなら
この眺望もわたしに何の楽しみをも与へなかつたらう!
さうして若しもわたしが、リリよ、おまへを愛してゐなかつたなら
わたしはこんなに至る処に幸福を見出したらうか?
 
 
詩の中にリリという恋人が登場するんですが、ここになにか別の名前が当て嵌まって読めてしまうんですよ。普通はそんなふうに読み替えられないはずなんですが。「リリ」を「ゲーテ」と読み替えてしまっても、詩のもともとの意味が損なわれない気がします。アリが好きで好きでしょうがない人だったら、「リリ」を「アリ」と読み替えてしまえるんじゃないかと。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/goetheanthologie18.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.