ゲーテ詩集(36) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(36)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回のゲーテの詩を読んでいて、なんだかいろいろ考えていました。このまえ図書館でルソーに関する本を数十ページだけ拾い読みして、あとで全部読んでおけば良かったと思ったんですが、時間がないので読めなかったんですが、ルソーがすごいことを言っていて「コミュニケーションを拒否した環境のほうがよりよい意志が生じる」という部分を読んで、びっくりしました。
 
 
普通はコミュニティーとかコミュニケーションは良いことだと解釈されてるのに、ルソーははっきりと、良い環境を作るには《人々のコミュニケーションを拒否している》集合的無意識を可視化して機能させることが大切だ、と書いています。
 
 
しかし考えてみるとたしかにそうだ、と思いました。ひきこもっている人を、よかれと思ってなにかの団体に所属させたり、無理やりに引っぱり出す、というのがひどくよくないことで、一人の時間を作ることが大切なんだ、ということを告げていた思想家を思い出しました。
 
 
あんまりしっかり読まなかったので正しいことが書けないんですが、組織の内部で説得しあって合意形成するのではなくて、自分の意志を尊ぶことが重要、みたいなことを書いていて、これって夏目漱石の「私の個人主義」と共通する部分があるように思えて、漱石もルソーを学んだのかなあ、とか思いました。
 
 
ゲーテは記します。
 
 
たつたひとりの女のものとなり
たつたひとりの男を崇(うやま)ふことは
どんなに心をしつかりさせるだらう!
リダよ!一番手近な幸福よ
ヰリヤム!一番美しい空の星よ
君たちのお蔭だ、わたしの今日の身は
その日その歳はみな消えてしまつたけれど
あの時間にこそ
わたしの価値(ねうち)の総量(すべて)はかかつてゐるのだ
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/goetheanthologie36.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください