長崎の鐘 原民喜

FavoriteLoadingお気に入りに追加

 
今日は原民喜の「長崎の鐘」を公開します。
「長崎の鐘」というのは、医師の永井隆という方が、1945年8月9日の長崎原爆について書いた随筆のことです。今日紹介するのは、広島の作家である原民喜が書いた、その作品についてのごく短い随想です。
 
 
広島では8月6日後にも自然災害や飢餓や原爆症の危機が訪れ、戦争のもたらした苦はいつまでも終わらなかったのですが、原民喜のこの随筆に《戦争は終わったのだという感動が、それからまもなく「夏の花」を書かせたのだ》という記述があって、それがとても重い言葉として感じられました。原民喜は原爆が落とされたこの地球上においては「戦争は人類の自殺行為にしかならない」と説き、永井隆の「長崎の鐘」についてこう記しています。
 
 

    僕はこの書物が一冊でも多く人々によつて読まれ、一人でも多く「戦争をやめよ」といふ叫びがおのおのの叫びとなつて反響することを祈る。
 
 
原爆に関する文学を探している方はぜひ、永井隆の「長崎の鐘」と、この原民喜のごく短いエッセーを併せてお読みになってください。
 
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/nagasakinokane.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください