ゲーテ詩集(42) 生田春月訳

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は生田春月訳のゲーテ詩集(42)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ゲーテは、詩を創るよりほかに楽しいことが何かあるだろうか、と書くんですよ。すごい……こと言うなあと思います。ぼくは詩どころかちょっとした文章を書くのでさえむつかしいんですよ。ゲーテの詩くらい素晴らしいものが書けたら、誰だって詩作がとても楽しいだろうと思います。ゲーテの詩を読んでるだけで楽しいですし。
 
 
しかし楽しいものにはいつも終わりがあるというか、すっごくたのしめた文学作品の最後の数ページをめくるのはもったいないという気がすることないでしょうか。この詩を翻訳した生田春月が、ゲーテの詩を翻訳し終えたときに、感無量というか寂寞を感じたと言うことを記しているんですよ。
 
 
ゲーテは記します。


希望は我等の眼のまへに
霧のやうに軽い面紗(ヴエエル)をひろげる
願ひはかなツて日の祭は始まり
雲はわかれて我等に幸福を齎らす!



 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/goetheanthologie42.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
モバイル対応テキスト版はこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ☆図書館の使い方 ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.