草枕(8)夏目漱石

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は夏目漱石の「草枕」その8を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。


20代の若い和尚と、老人と、主人公の画家とで、茶を飲むことになった。茶碗を見たり、硯を見たりして、骨董の鑑賞会のようになる。
 
 
びっくりしたんですけど、田舎の山奥で、中国の骨董とかそういうたわいも無い世間話をしているうちに、戦争に連れてゆかれる若者が居る、ということばを突如聞く。現代で言うと、秘密保護法違反で、いきなりごくごく一般的な知識人が捕まったようなくらい、突然の展開でした。この「わっ」と思わせるのがやはり漱石なんだと思いました。
 
 
軍医の森鴎外のみならず、いつも病気がちだった正岡子規(漱石の親友なんですが)までもが、戦地へと赴くことになった、そういう時代を移し込むように、漱石は作中にこう描いています。
 
 
  この夢のような詩のような春の里に、くは鳥、落つるは花、くは温泉いでゆのみと思いめていたのは間違である。現実世界は山を越え、海を越えて、平家へいけ後裔こうえいのみ住み古るしたる孤村にまでせまる。
 
 
目の前に、もう数日ほどで戦場へゆく青年が居る。
 
 
  しかしてその青年は、夢みる事よりほかに、何らの価値を、人生に認め得ざる一画工の隣りに坐っている。耳をそばだつれば彼が胸に打つ心臓の鼓動さえ聞き得るほど近くに坐っている。


今回、ほんとうに息をのむような展開でした。漱石は映画的というか、静と動の緩急のつけ方が非常にあざやかだと思いました。
 
 



こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/kusamakura08.html
(約30頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください