鍵から抜け出した女 海野十三

FavoriteLoadingお気に入りに追加

今日は海野十三の「鍵から抜け出した女」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは少年向けの娯楽小説です。あの、海野十三の物語はアンティークの家具を鑑賞しているような、そういう魅力があると思います。女の横顔をかたどった鍵や、牢獄から脱走するためにこさえた棒や、鉄格子の扉や、尼寺の庵室や、美しい小函など、小説に登場するモノがひとつひとつ印象的なんです。
 
 
捕まって監禁されてひどい目にあっても、盗んだ鍵を隠し持って鑑賞するということを辞めないというのが、すごいなと思いました。自分としてはオチがどうしても好きじゃ無いんですが。現実の牢屋でも本を所有することは出来るんですよね。牢獄で海野十三を愛読する男を想像しました。



 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/center/kagikara_nukedashita_onna.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本





Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください