民藝の性質 柳宗悦

今日は柳宗悦の「民藝の性質」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
谷崎潤一郎の、美に関する随筆を読んでいるところなので、ほかでどのように美が論じられているかを今、ちょっと調べてるところなんです。民芸を中心に美学を専攻した柳宗悦はまず、美術の領域に於いて、個人と自由の重大さを説きます。
 
 
そしてこの個性と自由を重んじる美術家の成立から先、「美術と工芸」とに分離され、美術家と職人とに乖離していった状況を書き、そこから、アーツ&クラフトの語源について記しながら、この「美術家と職人」はそもそも近しい領域に居たものであることを示します。
 
 
美術家の発展は、個人主義や自由や非実用性を色濃くしてゆくところにあった。柳宗悦は、どうもそういう、個性と自由と非実用性だけが、美の基準では無いはずだ、と言うんです。たしかに現代でも、美術家として長く活動するためには、個性と自由と非実用性は有効な特徴だと思うんですが、しかしそれとはちがう美というのも当然ある。
 
 
現代で言うと、映画制作には個人主義や自由と無関係な集団行動が重大で、しかし作品自体は自由を拡げるものが多い。世界遺産の寺院建築にはあきらかに美があるんだけど、これも個性や自由とはあまり関係無い。
 
 
美術家としてひとり立ちするには、どうしても「個性と自由と非実用性」が大事になると思うんですけど、どうもそれが美術の中心じゃ無いぞと。柳宗悦は、こう記します。
 
 
  個人的性質は何も唯一の美の基礎とはならないのです。
 
 
それで、美術家が「個性と自由と非実用性」を重んじすぎたために、伝統の破壊や退廃を目指すものが増えすぎて、わけが判らない業界になってしまった。そういう一過性の流行に、みんな満足できなくなってしまった。もともとの美術は、もっと人間の生活に寄りそうものだった。それで柳宗悦は、これを「美と生活」が「離婚」しちゃった、と言うんです。言い得て妙だと思いました。本文こうです。
 
 
  美術の観念は美を実用性から隔離させました。このことは美と生活との離婚を意味しました。そうして一般の民衆と美との間柄を疎遠なものにしました。しかし中世紀以前のものを省みますと、かつては実用から深い美が生れたことを示してくれます。それらの時代の絵画も彫刻も音楽も皆宗教的実用性から発したものでした。純粋に美を追う美術ではなく、生活に最も必要なものばかりでした。それは人間の生活そのものを深め温める日々の伴侶でした。
 
 
それで、生活や実用性に密着した工芸や民芸に、おもしろさや美があるんだよと、柳宗悦は述べるんです。この文章が印象に残りました。
 
 
  民藝は民衆のために民衆の手で作られる日々の用具なのです。いわば生活と切っても離れぬ存在なのです。かかるものは普通の品であり、数も多く価も安い…………その質素な謙虚な性質の価値は見直されていいのです。
 
 
文学者や思想家の言葉よりも、日々の言葉、というものを連想しました。「質素なもの謙遜なもの無心なもの」そういうところに美が宿るんだ、と柳は言うんです。終盤の数行はそこまでの論説から乖離していて無理があるような気がするんですが、民芸の素朴さと美、そこに焦点を当てた柳宗悦のまなざしが興味深かったです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/mingeino_seishitsu.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





陰翳礼讃(9) 谷崎潤一郎

今日は谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」その9を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
谷崎潤一郎は、絵筆を持たない画家であるかのように、実に独自な視覚について述べてゆくんです。今回は日本座敷の美について論じているんです。障子からもれる静謐な光について描いています。恐ろしささえ思い描かせる座敷には、陰翳の魔法がかかっている……と美しい文体で記すんです。
 
 
照明を隅々にまで当ててしまった場合、そこからもはや美が消失する……。西洋絵画で言うならボッティチェッリの『プリマヴェーラ』は陰と黒の描写が美しく、日本画は狩野派の金箔絵画のように、いっけん影が無いものばかりのようですが、それでも蕪村の『鳶鴉図』はまさに影と闇の色が全体の美を形づくっています。日本画では影をゼロにすることによって美を構成してきたんですけど、その中で現代日本絵画のような、陰翳の美を捉えはじめたのは誰からだろうか、ちょっと調べてみたんですけど、自分で判った範囲では、おそらく長谷川等伯こそがまずいちばんはじめに、木々の影で美を描きだした。それから、少し現代に入ると東山魁夷が森の奥に潜む青青とした陰を絵画に描きだしたんだと思いました。ちょうど現代の日本画家は、かつての日本美術が捉えてこなかった影を盛んに描いているんです。
 
 
谷崎潤一郎が「陰翳礼讃」を記したころから、日本美術が陰翳を主役にして描くようになった気がしました。じっさいにはそれより前の時代から急に、日本美術に陰翳が現れてきたんです。17世紀のレンブラントフェルメールの画集が日本に入ってきた時に、陰翳の描写に対する衝撃があったのではないでしょうか。
 
 
谷崎の描きだす陰翳の空間と、障子からとどく淡い明かりの描写が秀逸でした。陰翳が色濃く、障子の白がただひたすらに白いだけで、光としての力を持っていない。この力を持たない存在こそが、そこはかとなく幽玄で、瞑想的な美をかもしだしている……。ここでの谷崎の筆致が、なんともいえず凄いんです。

 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/ineiraisan09.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





ハイネ詩集(9)

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その9を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
萌え、という言葉は20年前くらいに使われ始めたようなんですけど、やはり近代文学でも「萌え」という言葉が用いられています。ちょっと調べてみると、古典で使われていた本来の意味は「きざす」「芽ぐむ」という意味で、現代で言われているような「登場人物への好意・恋慕」という意味は古典では出てきていないんですけど、じつは生田春月は、ちょうどその中間というか、どちらかというと現代用語としての「萌え」を先取りして記しています。
 
 
「春がやつて来ていろんな花がひらくとき」に「愛のおもひが萠え出した」と生田春月は訳します。現代アニメのイメージの先鞭を100年前につけていたのはじつはこの頃の近代文学の作者たちかもしれない……。このあと「いろんな小鳥がうたふとき / こひしい人の手をとつて / わたしは燃ゆるおもひをうちあけた」と続きます。ちょうど古典文学と現代アニメの中間の所にいるのは、ハイネと生田春月なのかなあ、と思いつつ読みました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine09.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





相撲の放送 坂口安吾

今日は坂口安吾の「相撲の放送」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ここ10年くらいネットでは動画サイトが人気だと思うんですけど、ぼくのここ数年のマイブームはネットでラジオを聞くことで、radiko.jpとか、podcastとかを聞いてます。podcastとかはストックがぜんぶ残されている放送があって、これ面白いと思った番組の再生時間が150時間以上あったりして、ゆっくり聞いていてもおそらくほぼ永久に聞きおえることが出来ないような、充実したコンテンツがいろいろあるんです。検索してみると判るんですけど。
 
 
それで1世紀ほど前のラジオはどうなっているか調べていたらこの随筆を見つけました。ラジオで相撲を聞く、という今ではちょっと珍しい話しなんです。
 
 
当時のラジオは、そのとき聞きのがしたらもう二度と聞けない。一度かぎりの、生の楽しさがあったと思うんですけど、テレビが一般には無い時代だから、内容をちゃんと声で伝えてほしい。自分で見てきたような楽しさを音で聞かせてほしい、それってどこに着眼すると良いのか、というのを坂口安吾が書いています。
 
 
短い随筆なんですけど、おもしろかったです。技術上の制限があって、受け手は自分で想像力を働かせなければならない。むしろ自分でイメージする余白が多分にあるからこそ、コンテンツとして面白い。
 
 
技術上の制限は……今でも家族でメールをしたり、見知らぬ人とツイッターをやりあったりする時に共通していることで、そこに想像力が必要になる。坂口安吾の言うことは現代にも響いているように思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/sumono_hoso.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





陰翳礼讃(8) 谷崎潤一郎

今日は谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」その8を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ついに谷崎潤一郎が、美に関して具体的に論じ始めるんです。そのまえに7つの話題があったわけで、そこでもとうぜん美を論じているんですけど、明確に論じると言うよりも、そこにある美を絵画のように描写してきた。こんどは西洋の伝統建築と、日本の寺院における建築様式とその美について比較して、それからこう記しています。本文こうです。
 
 
  美と云うものは常に生活の実際から発達するもので、暗い部屋に住むことを餘儀なくされたわれわれの先祖は、いつしか陰翳のうちに美を発見し、やがては美の目的に添うように陰翳を利用するに至った。
 
 
谷崎は、日本の屋根が幅広くて陰翳の空間を大きくしているほど、美を有していると言うんです。「日本の屋根を傘とすれば、西洋のそれは帽子でしかない」というのが興味深かったです。西洋では内側に凝った建築を作るのに、野外に影や空間を形づくることに関してはほとんどどの西洋建築家も興味を抱かなかったんだなと、初めて気づきました。
 
 
日本には、雨宿りという行動がごく自然にあり得るわけなんですが、それもじつは日本の建築に「屋根を傘のようにつくる」という美の意識があるからで、西洋式ではそれはむつかしい。古いバス停の屋根だとか、門の外側に置かれた菊の花とか、その外側に空間を形づくろうとする意識は、今もやっぱりある。
 
 
むかしは日傘を差した男というのが居たらしいんですけど、谷崎潤一郎の「陰翳礼賛」に通じる感覚を持っていた人なのかもしんないなあ、とか思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/ineiraisan08.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





ハイネ詩集(8)

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その8を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
中原中也や、宮沢賢治の詩集を読んでいるときに、夢見心地な世界観はほとんど現れてこないんですけど、ハイネの詩にはたしかにそういう気配があるんです。ハイネは恋のことをくりかえし描いていて、明らかに親しみやすさというか、隙の多さというのか、印象の強さがあるなあ、と思いました。
 
 
万葉集や詩は、随筆や評論と比べて、考え方というのがそんなに表に出てこないように思うんですけど、ハイネはそこも見えるように書いていると思うんです。
 
 
女と犬、愛と憎しみ、という言葉が印象に残りました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine08.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





生活の美しさについて 岸田國士

今日は岸田國士の「生活の美しさについて」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今、谷崎潤一郎の『陰翳礼賛』を読んでいるので、他の作家がどのように美を捉えているのかちょっと気になって読んでいるんですけど、岸田國士の随筆でこういうのを見つけました。 
 
 
これは、視覚上の美では無くって、こころもちの美しさとか人間らしい暮らしのことを、随筆に記しているものです。
 
 
ちょっとむつかしい文字を調べてみました。

恬淡てんたん
 
 
衣食住に対して恬淡であることをよしとする風習、というのが、当時あった。なので特別に衣食住に関心を持つと、それはすぐに贅沢とかマニアの世界に直結してしまう。
 
 
われわれの生活のどこが優れていて、どこが弱点になっているのか。生存にマイナスになるものはなにか。危機感を持ってこの生を見つめなければ、問題の中心は見えてこないと。
 
 
岸田國士は、生活方法に根本的な欠陥があって、とにかく不必要に疲労するのである、と言うんです。それがあるために、みんな野蛮になるんだと。「無秩序、猿真似、不潔、卑俗」におちいってしまう。
 
 
「生活の実体とその従属的部分との均衡がとれてゐず、しかも常にバラバラにそれが営まれてゐる」から、さらには「やれ教養をつけるの、やれ趣味を解するのと、いろいろな負担に精力を費し」ていて「さういふ生活全体の表情はまさに奇怪そのもので、民族としての品位を」「傷け」てしまうのだというんです。
 
 
いっぺん疲れきるまでとにかく手足を動かして、汗水たらしてやり続けてみなさい、と言っていた百歳の映画監督の話をなんだか思いだしました。疲れると言っても、良い疲れかたと無益な疲弊とがあるなあ、と思いました。
 
 
岸田國士は、生活と趣味の問題については、不要なものを排して、引き算で改善を試みるんです。あまり足し算や装飾や、凝った暮らし、というのをしないで、シンプルな生活を目指している。そうして生活に必要なものをけっして捨て去らない。敗戦から4年の1949年の随筆です。wikipediaの岸田國士の頁と同時に読むと感慨深かったです。岸田國士はこう記します。
 
 
  「生活の美しさ」とは、人間の宿命をはらんで、ひたむきに幸福を追求する努力と苦しみとの表現であらう。それは、時として可憐であり、時として、厳粛なものでもある。おなじ造形と色彩の世界も、実生活の領域にあつては、現代の悩みと無関係な「美」がほんたうにわれわれを魅する道理はないのである。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/seikatsuno_utsukushisa.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選