卍(まんじ) 谷崎潤一郎(3)

今日は谷崎潤一郎の「卍 まんじ」その3を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
どうも悪いことが起きそうな予感があって、だんだん読むのがつらくなってきたこのまんじなんですけど、読みはじめてみると、小説の完成度が高いので、この世界にぐーっと引き込まれます。柿内園子さんは、光子さんが好きでしょうがなくなった。はじめは校長の計略で、恋人同士みたいに噂されていただけなんですけど、ついに本人からそうなってしまった。外圧によって新しい恋愛の形が出来て、いつのまにか内側からもこれが生じていった。
 
 
理想を掲げているうちに、ほんとにそういう理想的な生き方に近づいてしまった……みたいなことは現実にもあるかもしれないなあとか思いました。たいていは、イヤな予測しか現実にならないんですけれども。危険だ危険だと言ってるうちに、ほんとに危険なことが起きるとか。
 
 
柿内園子さんはもう光子さんに夢中で、夫や世間や、他のことが見えなくなる。学校も行かずに女同士でデートを繰り返している。ついに温厚な夫もこの異変に気づいて、妻を疑いはじめる。なんや悪いことやっとるんとちゃうんか、と言うわけです。なんだか不幸の呼び水のような記述があるんです。園子さんは夫にこう述べます。
 
 
  あんたはあんたで好きな友達持ったらええし、うちはうちで勝手にさしといて欲しいわ。

 
園子さんは性的に光子さんと睦まじいわけなんですが、それを夫にはひた隠しにしている。それでなぜ2人きりで隠れて遊んでいるのか、夫に対してこのように説明します。
 
 
  あんた自分で、そんな綺麗な人やったら会わしてくれいうたやないか。誰かって綺麗な人好きになるのん当り前やし、女同士の間やったら美術品愛するのんと同じや
 
 
哲学者のヴェーユが、美の危険性についていくつか指摘しているわけなんですけど、たとえばこう言ってます。「美は、たましいまではいりこむ許しを得ようとして、肉を誘惑する。」あるいは、とても遠い存在に対して人が美を見いだすことについて「へだたりは、美の中枢である。」とかヴェーユは言っている。「すべて美の中には、除き去ることができない矛盾、苦、欠如が見出される。」というようなことを哲学者が言ってるんですけど! 谷崎潤一郎は、そこに共通した物語を如実に描きだしている。
 
 
夫と園子さんとの対立がなんともみごとなんです。関西弁がそもそも、バトルラップに向いている文体になっているように思いました。主人公の柿内園子さんは夫と仲たがいしてしまう。そうしてそれから……奇妙な事件が起きる。光子さんの着物が、風呂つきの宿屋の中で盗まれてしまって、家に着て帰る服が無くなったので、園子さんに電話をしてこれを持ってきてもらうことになった。なんとも謎めいた事態が起きた。
 
 
ここから先は完全にネタバレになるので、まだ読み終えていない方はご注意ください。どうも光子さんは、他の美男子(綿貫栄次郎)とも隠れて恋愛をしているようである。おどろいたことに、結婚の約束さえしていたというんです。いったい光子さんはどちらを利用して踏み台にしたのか、どうもよくわからない。光子さん本人にさえ、誰に対してまごころがあって、誰を裏切っているのかよく判らなくなっている。
 
 
光子さんとしては、結婚相手と柿内さんはまったくべつの存在で、2つの恋愛は両立できるのだという……。そんな時に、宿屋で賭博の検挙事件が起きてしまって、みんな宿から蜘蛛の子を散らすように逃げていった。賭博犯たちがそこですり替わりのトリックを使って刑事から逃れようとして、光子さんたちの着物を盗んでこれを着こみ、自分たちは賭博犯じゃ無いと警察に主張しはじめた。
 
 
物語全体と細部。この2つの係り結び、とでも言えば良いのか。みごとな符合が鮮やかに織り込まれているんですよ。隅々まで。ほんとにこう、あー、これが純文学の進化なのかと目を見はりました。こういうなんでもない文章も物語全体に共鳴しているように思えて、印象に残るんですよ。
 
 
「同じ刑事でも博奕打検挙するのんと密会者検挙するのんとは係りがちごてるんやそうで」
 
 
光子さんは不倫の罪での逮捕をすんでのところで免れたわけなんですが、レズビアンの恋人にこんな頼み事をするより他なかった。
 
 
「今夜一緒に映画でも見てたようにいうて、万一警察から電話がかかっても、そこを何ぞうまいこというといてくれなされへんかいうのんです。」
 
 
まんじを全文は読まないけど、どういう物語なのかのぞいてみたい方は『その十一』の一部だけをちょっと読んでみてください。
 
 
光子さんは、美男子綿貫との関係で、妊娠をした可能性が高い。それから……話しは次回に続きます。全6回で完結です。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/manji03.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





無題 太宰治

今日は太宰治の「無題」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
斜陽』や『走れメロス』といった名作を書いてきた太宰治も、ツイッターみたいなことをやったことがあったんですよ。しかも70年以上まえの戦時中に。戦時中にツイッターそっくりなことをしてたってすごい。
 
 
ほんの三〇〇文字くらいの文章を書いていて、しかもオチが知人に対して「バカ」と書いて終わってるだけなんです。まるっきりツイッターみたいです。太宰治ファンなら必読の小品かと思います。
 
 
大井廣介という方に対して、太宰治は愚痴っているんです。ちなみにこの人も、戦争中に坂口安吾らと一緒になって犯人当てゲームの集会を開いたりしている。
 
 
本編と関係無いんですけど、日中戦争のころの1939年にディズニーのアニメ映画が日本の映画館で公開されたりしてるんです。戦争中って謎の事柄がいろいろ起きてるんだなあと思いました。
 
 
あんな名作を書いた人が、こんな駄文を書いたのかと、読んでて楽しくなる掌編でした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/dazaimudai.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





ハイネ詩集(19)

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その19を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「世界がくだけて落ちる日は/木端微塵の破片かけらから」という一節が印象的な詩を読んで、なんという直接的な恋愛詩かと思いました。
 
 
世界の終わりと個人的な恋愛が、一体化して描きだされるんですよ。こんな直球の詩は現代には成立しようがない……と思ったんですけど、よく考えたら、ハリウッド映画に、こういうのあるよなあ、と思いました。
 
 
あと、日本のファンタジーの元を辿ってゆくと、もしかすると、ハイネかゲーテあたりの詩人に行きつくんではないかという詩がありました。こんなのです。
 
 
処女は石像のやうに静かに立つてゐる
騎士はその前に跪いてゐる
その時曠野の巨人がやつて来て
処女はおそれて逃げてしまふ
 
騎士が血みどろになつて斃れた時に
巨人は家へよろよろ帰つて行く
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine19.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





卍(まんじ) 谷崎潤一郎(2)

今日は谷崎潤一郎の「卍 まんじ」その2を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
30回かけて読む予定だったんですが、ちょっと巻きで全6回で読み終えてみようと思います。第6回で最終回になります。
 
 
女生徒・柿内さんは、ちょっと奇妙な絵の才能があるようで、モデルを目の前にしてデッサンの練習をしていても、なんだか別の誰かに似てしまう。自分が好きな顔を描いてしまう。描き手の心理が、絵にあらわれてきてしまう……。
 
 
校長先生は、そんな好きなふうに描くだけでは練習にならないので、ちゃんとモデルを正確に見て、的確にこれを写生してみなさいと言うのですが、柿内さんは、そんなことしたくない。芸術行為はロボットのようにコピーペーストする作業では無い。それで若き未亡人でもある女学生柿内さんと校長先生でケンカになる。本文こうです。
 
 
「……自分勝手の絵エ画くくらいならモデル使う必要あれしません。ましてこの観音さんがモデル以外の或る実在の人間に似てるとしたら、あんたの理想いうもんもはなは不真面目ふまじめに思えますね」いわれるのんで、「わたしちょっとも不真面目とちがいます。仮にこの顔誰ぞに似てても、その人の顔観音さんの感じ出すのに適してましたら、それ写しても芸術的にやましいことない思います」いいますと、「いや、それがいかんのんです。まだあんたは一人前の芸術家ではありません。あんたがその人の顔清らかであると感じられても、万人がそう感じるかどうか、それが問題です。そういうことからとかく誤解が起るのんです」……
 
 
誤解なんて起きるわけがないと女学生柿内さんが言って先生にケンカで勝ったつもりになっていたわけなのですが、変な噂が広まってしまった。柿内さんは光子さんのことが好きすぎて、彼女の肖像画を描いてしまったと思われてしまい「つまりわたしが光子さんに対して同性愛捧ささげてる、光子さんと私とが怪しい」と学校中で思われるようになってしまった。思ったまま、好きなように絵を描いてみただけで、ずいぶんややこしいことになってしまった。
 
 
真相はどうも、これは校長の計略であって、政敵のような存在に変な噂を流すということを、つねづねやっているようなんですが……。
 
 
とうの光子さんというのは「恋愛の天才家といったような気魄きはくちた、魅力のある眼つき」の美しい人なんです。読んでいると、どうも光子さんはもう亡くなっている。本文にはこう書いてます。
 
 
  光子さん…………若うに見えてますけど、ほんまは一つとし下の二十三………生きておられたら今年二十四ですねん。 (※………部分は省略)
 
 
ところが、柿内さんはじつに生き生きと、光子さんとのデートや、お人好しな夫とののんきな話しについて、とうとうと語っている。楽しい記憶というのが消えるわけではない。
 
 
光子さんはレズビアンの噂がたったことによって、イヤなお見合い男の、相手をしなくて良くなった。未亡人柿内園子さんと、光子さんとの性的な描写がすさまじくて、クラクラします。これは……なんだかやばい小説を読みはじめてしまった、という感じがします。漱石の知的な設定に、ドストエフスキーの激情を混ぜ合わせたら、谷崎潤一郎の文学になると思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/manji02.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





人生案内 坂口安吾

今日は坂口安吾の「人生案内」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
西洋では文学の中心は「詩」にあって、それはもう古来から現代まで通底してそうであって、海外では詩で哲学をやる。詩のみで構成した演劇をやる。ミュージシャンが文学者だと認識されるのは日本では「えっ?」と思ってしまうが、世界文学ではどうも当然の事態で、それは文学と言えば詩だから、歌詞も当然文学として受け入れられる。ぼくはいまでも、ボブディランがノーベル文学者だと位置づけられたことに「えっ?」と驚くんですけど、それだけ西洋では詩が中心になっているってことなんだろうなと、最近思いました。ノーベル文学賞第一回受賞者はフランスの詩人です。そしてアジア初のノーベル文学賞受賞者はインドのラビンドラナート・タゴールという詩人ですよ。詩人が中心に居る感じがします。ゲーテのファウストは、詩の言葉だけを使って全文が記されている……。
 
 
日本では源氏物語や漱石の始めた文学が、みんな小説で、小説が愛されているのが日本で、だから近代文学と言えば小説の妙手である芥川龍之介や太宰治が愛読され続けている。日本には「かの有名な、詩人で哲学者の……」という人物があんまり居ない。哲学者の随筆がある、というのが基本のように思います。
 
 
ディープな読者が多いのに、一般的にはそれほど読まれないのが坂口安吾で、安吾は随筆や評論がすごい。それと較べると小説はそうでもないのかなと思ってこれを読んだら、やっぱりめちゃめちゃ面白いです。はじめの数ページが低調なことがある、気がするんです。後半になってエンジンがかかってきてぐーっと引き込まれる。
 
 
坂口安吾は貧しいところを堂々と書くのが、現代文学者とかなり違うところなんでないかと思いました。しかもわびしい貧しさじゃ無くて、暑苦しいような貧しさを描く。凍えるような貧しさを書くんでなしに、熱のある貧困を描くんです。それで引き込まれます。
 
 
困苦を描いた投書をすることに夢中になった男が居て、ところがだんだん、事実を記載するはずの新聞の投書欄に、筆が乗りすぎて嘘八百の悩みを書いて掲載してもらうのが趣味になってしまった。男なのに女になりきって、ありもしない悩みを訴える、というのを繰り返すようになって、これにのめり込んでしまった男。
 
 
ところが機械化の波にさらわれて、本業の手延べラーメンの麺打ちが、機械式の大量生産された麺に取って代わられてしまって、仕事を辞めざるを得なくなった。出稼ぎの低賃金労働者みたいになってしまって、金が稼げず、肝心の趣味の新聞を買うことさえ出来なくなった。それでやむなく、男は家にこもって子育てをして、女がオシャレな店で働くことになった。
 
 
男はもはや、新聞への投書だけが生きがいになってしまった。あつい涙が滴るような、嘘の悩みならいくらでも書けるのに、ホントの悩みはまるでネタにならないや、と男は思う。後半はめくるめく笑いの渦が押しよせてくるんです。これ、たぶん演劇の原作とかになったんだろうなと思いました。今の時代もぜったいにこう、投稿にだけ夢中になっている男って居ると思うんです。ツイッターとかブログとか。
 
 
妻はついに、金も稼がず趣味だけやってる男を見限って、良い男を見つけてしまった。だんなはこれにやっと気がついて、急にタタミから起きあがって妻を問いつめる。女はまるで働こうとしなくなった男を、正論でぶった切るんです。本文こうです。
 
 
「ヤイ、間男しやがったな。亭主の顔に泥をぬるとは何事だ」
「泥がぬれたらぬたくッてやりたいよ。どれぐらい人助けになるか分りゃしない。お前の顔を見ると胸騒ぎがしたり虫がおきるという人がたくさんいるんだよ。私はね、広い世間へでてみて、お前のようなバカな男がこの世に二人といないことが分ったんだよ。私は今までだまされていたんだ。畜生め! 人間のフリをしやがって。お前なんか人間じゃアねえや。雑種の犬か青大将とつきあって義理立てしてもらえやいいんだ。出来そこないのズクニューめ。他のオタマジャクシだってオカへあがってジャンパーを着るとお前より立派に見えらア。間男なんて聞いた風なことを云うない。人間のフリをするない。さッさと正体現してドブの中へもぐってしまえ」
 
 
ここから先がすごいボケとツッコミなんです。ぼくが今まで読んだ青空文庫の近代文学の中でいちばんユーモアがきいた物語だと思いました。みごとな下町の落語という感じがしました。オチも良いんですよ。ホントの悩みにぶち当たったらもう、言葉も無い。声に出して相談なんてしてられない。ましてや文章にするのはむつかしすぎる。新聞の人生案内は、あくまでも仮想空間として成立している。男はこうつぶやきます。
 
 
「人生案内てえものがニセモノに限るように、人生も人間てえものもいいカゲンの方がいいのかも知れねえな。」
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/jinsei_annai.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





ハイネ詩集(18)

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その18を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「王女が夢にあらはれる」という詩の一節がある今回の詩で、古代に思いを馳せる恋愛詩なんですけど、この夢想は、自分は古代エジプト文明とかを映像資料で見ているときに感じるわけなんですけど、ハイネはどの時代の「女王」を詩に描いているのかと、空想しながら読んでいました。ハイネは記します。
 
 
 『わたしは夜を待ちかねて
  あまりにあなたの恋しさに
  …………
 
 
オチの一文に驚きました。つづきは本文をご覧ください。谷崎潤一郎が『陰翳礼賛』で述べていた、西洋における透明でガラスのように透きとおっている幽霊観というのを、まのあたりにした気がしました。幽霊なのに星のように美しい描写なんです。今回は、楽しい詩が多いんです。
 
 
 幽霊島はうつくしく
 月のひかりにかすんでゐる
 たのしい音色が洩れて来て
 霧は踊つて波をうつ
 
 
ほかにもこんなスタンザがあります。
 
  
 むかし話のおもしろさ
 その中にある夢の国
 魔法の国のたのしさが
 白い手をしてさしまねく


「白い手」というのがユーモラスに描かれます。西洋のファンタジーの源流をまのあたりにするような詩がいくつもありました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine18.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選





卍(まんじ) 谷崎潤一郎(1)

今日は谷崎潤一郎の「卍 まんじ」その1を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回から、6回くらいかけて谷崎潤一郎の代表作を読んでみようと思います。谷崎の小説を読むのが僕ははじめてなので緊張するんですけど、読んでみるとするすると読める作品で、谷崎潤一郎は漱石文学を崇敬しているんですけど、そこから現代的に、小説を進化させた作家のように思いました。森鴎外や樋口一葉のような難読性はないので、物語自体に引き込まれます。
 
 
美しい関西弁で紡がれるんですが、手紙文や会話文のような、主人公の一人語りで物語が展開するんです。ある既婚の女が先生に告白をしている。主人に内緒で不倫をしていた……。ただ深い仲というわけでもなかったんですが、その相手が忘れがたくて、悶々としている女がいる。「ええことない男やった」という記述が印象的でした。その女が、社会人も自由に入れるような、ある女学校に通いはじめた。絵画を学習中に、デッサンをしていてふと、彼女は光子さんという人を無意識に描いていた。
 
 
彼女はどうも、恋に吸い寄せられる人生のようで、急にこの光子さんにたいして気持ちが入ってしまった。恋の依存症になっているようなんですが……。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/manji01.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選