長詩 槇村浩

今日は槇村浩の「長詩 バイロン・ハイネ 獄中の一断想」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
憲法違反の共謀罪が可決されて、これによって微罪逮捕を越える冤罪逮捕が激増することは明らかな状況で、ネット上の記事ろい読んでいました。
 
 
ジョージオーウェルの暗黒小説「1984」がいよいよ現実のものになってしまうかもしれない。
 
 
それで、日本国憲法に違反する不当な逮捕って、どういうことか調べてみたら、槇村浩という方がまさに、大日本帝国憲法下で、不当に逮捕されて不当に病死させられている。その男が、監獄での生存を通して綴った詩があったので、紹介します。
 
 
「そこでは空気と太陽のかけらさえ」容易に手に入らない。詩の、この一説が印象に残りました。本文こうです。
 
 
  もしプロレタリアートが
  網膜の前をゆききする多くの人生のシルエットと共に
  バイロン、ハイネを正視するなら 彼は正しい
 
 
バイロンと、ハイネ! 読んでみたい、と思いました。
 
 
槇村浩は、ディケンズのクリスマス・カロルみたいに、100年ほど前に世を去ったバイロンとハイネを想像の中で甦らせているのでした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/makichoshi.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





彼岸過迄(5)停留所(後編)夏目漱石

今日は夏目漱石の「彼岸過迄ひがんすぎまで(5)停留所(後編)」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
主人公敬太郎は、ついに就職先が見つかりそうだということで、期待に胸を膨らませている。それで仕事の詳細が手紙でやって来るんですが、なんと探偵として、ある男を尾行してくれ、という内容だった。主人公はこれをいたく喜ぶんですよ。
 
 
漱石は、謎めいた移動を描きだす作家だ、とずっと思ってたんですけど、やっぱりそれは意識的にやってたんだなと、思いました。なんだかカフカの「城」の序盤とか、カミュの「異邦人」とか、移動する行為自体が謎めいた行動になっている、というのが描きだされているんです。「草枕」の時に、どうも漱石の移動の描写がスリリングだと、鉄道の描写や、舟からの情景や、温泉で垣間見た美しい女の描写を見て思っていたんですけど、今回は主人公が探偵として謎そのものを追って行動していて、行動がそのまま謎に結びついている。
 
 
そういえば漱石自身の移動も、けっこう文学的な謎に満ちている気がするんです。仕事がたくさんあって裕福なんだから、はじめから最後まで東京にずっと居たら良いようなもんなんですが、東京から松山へそして熊本へそれからロンドンへ東大へそして新聞社へ京都へ、とさまざまに移動し続けている。ラフカディオ・ハーンくらい四方八方へ飛びまわっている。当時のロンドン行きは、まさに世界一周旅行みたいにたいへんなことですよ。船旅に次ぐ船旅で。月に行くくらいたいへん。
 
 
前回、占い師にいろんな謎めいた予言を受けていた主人公は、夕方4時から5時の間に現れるという、追跡対象者Xを停留所で探しつづける。
 
 
主人公敬太郎は、指定された場所で「黒の中折なかおれ霜降しもふり外套がいとうを着て、顔の面長おもながい背の高い、せぎすの紳士で、まゆと眉の間に大きな黒子ほくろがある」男を、電車の停留所で探すんですが、人が多すぎてまったく見つからない。そうして関係の無い女が変に気になってくる。
 
 
敬太郎は、尾行の仕事を完全に失敗してしまう。ああ、初仕事がいっさい仕事にならない、というのはほんとによくあることで、敬太郎は占いなんて信じておかしな行動をとってしまった自分を恨むんです。
 
 
しかし敬太郎は運良く、目的の人物Xを発見することが出来て、男とその連れの女を尾行することに成功した。彼らはとくに変わったこともせず、珊瑚樹さんごじゅたまか何かをプレゼントして欲しいとか、レストランで鳥の料理を食べたりだとかして、それぞれ帰路についた。敬太郎は追えるだけ追って、素人にしては充分な働きをしたわけだが、これがはたして仕事として成立しているのかどうかは、判らない。物語は次回に続きます。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/higansugimade05.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
 
全文通読はこちら(重いです)
  
 
 
 
 
          (横書きはこっち)
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





山羊の歌(35) 中原中也

今日は中原中也の「山羊の歌」その35を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回の「こんな晩ではそれがしづかに呟きだす」の「それ」はどれをさしているのか調べてみて、おそらく国語のテストなら「心」が正解だと思うんですが、もしかして「月」なのかもしれないとか思いました。「あえかな夢」でも良いんじゃないの、とも思いました。
 
 
 今では損はれてはゐるものの
 今でもやさしい心があつて、
 こんな晩ではそれしづかに呟きだす
 
 
良い詩は、多少勘違いして読んでも、楽しんで読めてしまうのが特徴なんじゃないだろうかと思いました。
 
 
ところで、この詩の冒頭にある「内海誓一郎」という人物について調べてみたのですが、中原中也より少し年上の、1902年生まれで1995年まで生きた音楽家で科学者である人物でした。「元素序説」や「現代無機化学講座」という本を書いた科学者で、中原中也の詩を作曲して歌にした人の名前なんです……。



 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/yaginouta35.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
全文はこちら             (全文のヨコ書きはこっち)
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





キツネノヘダマ 牧野富太郎

今日は牧野富太郎の「キツネノヘダマ」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
キツネノヘダマというのは、オニフスベのことです。wikiにこのキノコの詳細が載っているのですが、夏の終わりごろに、庭先にも突然あらわれるので、妖怪みたいに思えるキノコなんです。写真を見ても、いかにもキツネのヘダマという感じで、ひょうきんな形をしています。牧野の絵ではこう描かれています。
 
 
 
 
ヘンなキノコなんです。与謝蕪村だったら、これをどう描いてどう詠むんだろうか、とか思いました。牧野富太郎の筆致がおもしろくて、本文こう書いています。
 
 
  狐ノ屁玉ヘダマ、妙な名である。また天狗テング屁玉ヘダマという。これは一つの菌類であって、しかも屁のような悪臭は全然なく、それのみならずそれが食用になるとは聞き捨てならぬキノコ(木の子)、いやジノコ(地の子)であって、常に忽然として地面の上に白く丸く出現する怪物である。
 
 
つづきは、以下からお読みください。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/shokubutsu_ichinichihedama.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
  
 
 
 
          (横書きはこっち)
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





彼岸過迄(4)停留所(前編)夏目漱石

今日は夏目漱石の「彼岸過迄ひがんすぎまで(4)停留所(前編)」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
漱石は探偵という言葉を、不愉快なものを言いあらわすために使ってきたんですけど、今回、主人公敬太郎が「警視庁の探偵見たような事がして見たい」と言うんです。でもやっぱりできない、とも言う。どうしてかというと、本文こうです。
 
 
  彼らの立場は、ただひとの暗黒面を観察するだけで、自分と堕落してかかる危険性を帯びる必要がないから、なおの事都合がいいには相違ないが、いかんせんその目的がすでに罪悪の暴露ばくろにあるのだから、あらかじめ人をおとしいれようとする成心の上に打ち立てられた職業である。そんな人の悪い事は自分にはできない。自分はただ人間の研究者いな人間の異常なる機関からくりが暗い闇夜やみよに運転する有様を、驚嘆の念をもってながめていたい。――こういうのが敬太郎の主意であった。
 
 
須永という友人は、軍人の息子だけど軍事が大嫌いで、他にも良い仕事ができそうなのに、やろうとしない。
 
 
主人公も大学を卒業しても仕事が無い、という話を漱石はとうとうとやるんですよ。もう何度目か判らないけれど、これだけ繰り返しこのことを論じるのは、そこが漱石の文学の要なんだなと、思いました。「こころ」でも「それから」でもその話しをやっている。とくに中期の作品がこの問題をよく書き記しています。何かに変わってゆく、その手前のところを書くのが漱石はほんと上手いなと思いながら読みました。
 
 
前回、中国の賭博場に消えていった先輩森本のくれた杖が、主人公敬太郎は妙に気になっている。森本はこのままこの町に帰りつくこと無く、亡くなってしまうように思えてならない。とりあえず友人森本に手紙を書き送る。そこに「ヴァガボンド」という言葉が出て来る。ああ、日本ではじめてヴァガボンドという言葉をハッキリ書き記したのは、漱石かもしれないなと思いました。本文にはこう書いていました。
 
 
  君のような漂浪者ヴァガボンドを知己につ……
 
 
ロンドンの漱石を、一言で言いあらわすなら、この漂浪者ヴァガボンドだったのではないか。ホトトギスという雑誌があって、そこに正岡子規がいろんな文を書いていた。ところが病床でいよいよ筆が持てなくなると、彼は枯れたノドで、身内に口述筆記をさせた。この子規の口述筆記こそが、日本の小説が自然な口語文になるきっかけになっていて、漱石はそれを引き継いで日本の現代小説の基本形を完成させた。
 
 
主人公敬太郎は、友人たちとなにか薄いつきあいをしつつ、物語が進展してゆく。彼は田口という名の、須永の叔父さんに逢う。この男は立派な服装をした老紳士で、就職先を紹介してくれることになっているのですが、運悪くというか手違いで、門前払いとなってしまう。
 
 
作者の漱石はいつも仕事がたっぷりあった人ですよ。その人が、どうしてこう真摯に、仕事が無い若者をこうも繰り返し書けるのか。現代で言うと、食い物が十分にある人が、食うモノがないという物語をしつこく描き続けるくらい、なんだかむつかしいことのように思います。いつ漱石は、「仕事が無い」というのをとにかく書いてやろうと思いたったのか。その謎を追うと、なにか新しい発見があるんじゃないかと思いました。漱石は、先生らしい先生だったのかもしれないです。それで卒業後に仕事が無い生徒のことがいつも脳裏にあった。漱石は、他人のことを熱心に観察出来る人なんだろうなと思います。
 
 
敬太郎はいろんな人に会って話を聞くんですけど、どうも煮え切らない人間関係とでも言えば良いのか、話が繋がってゆかないというか、なかなかなんにも進展しない。現代のシステム化された就職活動とはちがって、もっとあいまいな関係性の中で仕事や将来のことを探しもとめている。
 
 
本文には、敬太郎は「やっとの思いで井戸を掘り抜いた時の晴々せいせいした心持」をまだ知らないのである、と書いている。漱石はごく単簡な言葉を、とても鮮やかに使う作家で、この「井戸」という言葉が印象深かったです。
 
 
仕事が面白いとか、遊びが痛快だとか、そういうところに至ってみたい。未来がまったく見えないもんで、むかし父が好んでいた町角の占い師に、ちょっと占ってもらおうと思いたって、一人で町を放浪する。てきとうに入った店で、未来を占ってもらうわけなんですが……この描写がずいぶんこう、なんと言えば良いんでしょうか、神秘的というか記憶に焼きつく場面なんです。こういうの、西洋でも日本でも、映画の良い場面で出てきた! と思いました。漱石の前の時代の西洋文学や、現代の日本の物語にも、こういう場面はたしかにあるんです。なにかこう、物語の歴史が交差するポイントを漱石が如実に捉えていたとでも言うのか、そういえばもう太古から中国では亀の甲羅を用いて亀トきぼくをして、古代日本では鹿の角で太占ふとまにをしてきたわけだし、そういう文化習俗を漱石が書くとこれが……本物の占い師よりも雰囲気があるなあ、と思いました。
 
 
彼岸過迄を全文読まないけど、ちょっと知ってみたいという方は、今回の16章から19章まで、ほんの十ページほど読んでみると、この小説を楽しめるんでないかと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/higansugimade04.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
 
全文通読はこちら(重いです)
  
 
 
 
 
          (横書きはこっち)
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





山羊の歌(34) 中原中也

今日は中原中也の「山羊の歌」その34を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
今回の詩は、可哀想という言葉が印象に残るんですけど、小説の中でこの言葉がいちばん印象深いなと思ったのは、ドストエフスキーの「罪と罰」である男が語るシーンなんですけど、ちょっと調べてみると、近代文学に於いては太宰治がこの言葉を繰り返し使っているんです。
 
 
ある物語創作論を読んでいて「酒場が出てきたら、駄作だ!」とか「酒場は意外なことがなにも起きない」とか「路上とか厩なら、なにか特別なことが起きる」とか書いてる本が複数あって、ああそうなんだ、と思ったんですけど、じつはドストエフスキーの「罪と罰」は酒場のシーンがえげつなく魅力的なんですよ。そもそも作者自身の住んでいる町に魅力的な酒場があって、よく通っていたらしいですし。今回の中原中也の詩は、なにか諭すようなところがあって、すてきな詩でした。
 
 
  幸福はうまやの中にゐる
  わらの上に。
  …………
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/yaginouta34.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
全文はこちら             (全文のヨコ書きはこっち)
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





蒼海を望みて思ふ 柳田國男

 
今日は柳田國男の「蒼海を望みて思ふ」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
柳田国男は民俗学者なんですが、この随筆でまずはじめに、日本が本州と四国と北海道と九州と、この4つの島から作られていると、考えるのは……間違ってる! と述べます。えっ、どういうこと? と思ったらその答えは、日本はどう考えても、500ほどからなる島々から出来ているのであって、そういうことを除外するのは、間違っていると。
 
 
そう言えば、沖縄だけでなく、小豆島にもいっぱい人が住んでいるし、淡路島、東京都の小笠原諸島と、ほんとにおおくの島々があるのでした。どうも単純化して思考してはならないものがあるようで、柳田国男は500からなる島々のことを念頭に置くんだと書き記します。
 
 
柳田国男は、日本はつまり海からなるんだと述べているんです。日本人は海の人なんだという。ちょっと考えてみると、東京も大部分は海のすぐ側ですし、大阪も名古屋も神戸も金沢も、海に近い。海か湖から遠すぎる都市というのは、長野や北海道の真ん中以外では、ほとんど無いように思います。ここがアメリカや中国とかと違うんでないかと思いました。
 
 
古事記のはじめも、海が中心にあって、海をかき混ぜて島々が生じるところから描かれている。柳田国男の壮大な仮説としては、日本人のなりたちは、海に良く出る人びとが、朝鮮半島のみならず、はるか南の島で生きていたところ、やがて日本に定住するようになったのではないかということで、たしかにそうなんだろうと、思いました。寺田寅彦も日本人の人種としての起源は様々な時代と様々な国からやって来たのが日本の祖先であると言っていますし。
 
 
柳田はそれを印象深く、日本人の起源は「海の人」なんだと言うんです。海に詳しくないやつが、日本にやって来て繁栄できるなんて現実的じゃ無いというわけです。だから自分たちの祖先は、新しい海を旅する力のある連中だった。しかももともとは小さい島々に住んでいたのが、日本人の祖先の姿なのだという。なんというかすこぶる説得力を感じました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/sokaio_nozomite_omou.html
(約50頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選