ゴリオ爺さん(7) バルザック

今日はバルザックの「ゴリオ爺さん」その(7)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
謎の人物ヴォートランは、どうも「ツーロン徒刑場から逃亡した」大悪党の可能性が高く「“不死身”の名で知られている男」らしいのです。「不死身」は元囚人たちのボスで、闇稼業を営んでいる。闇の資産運用が主な仕事なんです。
 
 
警察は、ヴォートランこそが大悪人の「不死身」ではないかと睨んでいる。もし不死身ならば、肩に、元囚人である証拠の、焼き印が入っているはずで、これを暴くために、ミショノー嬢は、スパイの仕事を任され、彼を酔わせ、肩の焼き印を発見せよというミッションを与えられる。
 
 
とうのヴォートランは、天然な性格の学生ウージェーヌ・ラスチニャックという若者がたいへんに気に入ってしまったようで、自分の闇家業と、暗い権力と、闇の資金の大半を授けてやろうと画策している。さすがのウージェーヌ・ラスチニャックも、これは自分の理想の正反対だと理解して、ヴォートランからの提案に青ざめているんです。
 
 
さらにはゴリオ爺さんは、娘の結婚は失敗であったと考えて、彼女を吝嗇家の夫から救い出し、天然男ウージェーヌと再婚させようと計画している。これはこれで、かなり実現の難しい願望ですよ。
 
 
老いた男たち2人で、若者ウージェーヌ・ラスチニャックを奪いあおうと躍起になっているんです。どうして、彼らはウージェーヌ・ラスチニャックを好むのかといえば、彼が正直者で瑞々しく、娘たちを心から喜ばせるから、のようなんです。
 
 
ウージェーヌ・ド・ラスチニャックはタイユフェール嬢と、なにやら親密な会話にふけっている。その時の彼らを見た脇役のセリフが、あまりにもみごとでした。こういう本文です。
 
 
「あの人達一生懸命色目使いあって、この八日間、魂を奪われたみたいだわ」
 
 
外からウージェーヌの恋愛をみると、まるで馬鹿をやっているようにしか見えないのが面白くてしょうがない。メゾンヴォーケではもはや、あらゆる奸計が渦を巻いて、住民たち全てを巻きこんで、宴会が催されている。
 
 
「彼女はウージェーヌ・ド・ラスチニャック氏を愛するという罪を犯してしまったわ。そして、それがどんなことになるかも知らずに大胆に前進している。可哀想に何も知らないで!」
 
 
とうのウージェーヌ・ラスチニャックはこう思ってます。本文こうです。
 
 
  彼は自身の良心に問い続け、自分が悪を行ってきたことを自覚し、なおも悪を行うことを望みながら、一人の女性の幸運にすがって自身の小さな罪を償おうと考えていたのだ。彼女の目に彼はその絶望感により内面的美しさまでにじませ、彼が心の中に抱く地獄の炎のによって一段と光り輝いて見えるのだった。
 
 
不倫と浮気の泥沼の描写が、ほんとに魅惑的なんですよ。これ……こんな蠱惑的な物語があったのかと、衝撃を受けました。文体がほんとうに見事なんですよ。浮ついた心をさんざん描写しておきながら、今不幸な彼女には、未来の幸福が確約されていることを、語り手はさりげなく宣言する。
 
 
野心家で明るく、そして正直者であるウージェーヌを、ヴォートランもゴリオ爺さんも狙っている。何とかして彼を家族に組み入れたいわけです。ゴリオ爺さんはウージェーヌ・ラスチニャックに結婚をすすめ、新居まで用意したと告げてから、こう言うんです。
 
 
  そこでの貴方は、まあ王子様ですな。私達は貴方に、まるで花嫁のためのように家具を揃えましたよ。この一ヶ月、私達はずいぶんなことをやりました。
 
 
ゴリオ爺さんの望みは、娘にみずみずしく楽しい日々を営んでほしいということなんです。それには天然な性格で、正直者のウージェーヌがどうしても必要になる。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/goriot_jisan07.html
(約100頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、縦書きテキスト版はこちら
  
 
        (横書きはこっち)
 
 
■主要登場人物
・ゴリオじいさん………娘たちを愛するあまり破産した。
・ウージェーヌ・ラスチニャック………うぶで野心家の学生。
・レストー夫人………ウージェーヌが一目惚れした美女で、ゴリオじいさんの実の娘。
・デルフィーヌ・ド・ニュシンゲン夫人………銀行家の妻で、ゴリオじいさんのもう一人の娘。
・ボーセアン夫人………ウージェーヌの遠い親戚のお金持ち。
・ヴォートラン………謎のお尋ね者。
・ヴィクトリーヌ・タイユフェール嬢………主人公たちとおなじマンションに住む、かつて孤児だった悲しげな目の美少女。母は亡くなり、父とずっと会えぬまま生きてきた。
 
 
(作中[1][2][3]などの数字表記があります。その箇所を解説した訳註はこちらをご覧ください。)





top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





山羊の歌(9) 中原中也

今日は中原中也の「山羊の歌」その9を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
この前、ある映画論を読んだんです。数十年前の日本映画でもっとも売れた作品は、自然界との共存や対峙を描きだしているところが、現代日本人の自然への畏敬の念を呼び覚まし、環境破壊をもたらしたことの罪悪感と共鳴して、巨大な共感を生んだのだという話しが書いてありました。
 
 
同じ映画がアメリカであまり売れなかったのは、どうも自然と都市の境界地域というのが、アメリカには少なくて、手つかずの自然か、機械的農園か、都市か、という区分けが明確だから、自然との共存感覚があまり理解できないのではないかという推論が書いてあって、たしかに日本の住み家は、自然界にすこぶる隣接している地域が多いんだよなと、思いました。
 
 
日本には自然界とのマージナルマンがいっぱい居る、のだ、と思ったんですが、近代文学の世界だとしかしむしろ、自然界しきゃ無いような気もするんです。漱石は都会的な作家で都会の人間性を描きだしているので、現代日本とも通底していると思うんですけど、中原中也はもっと、自然界の中で生きたんだろうな、と思う詩が多いです。
 
 
ただ今回の詩を読んでいて「つひに私は耕やさうとは思はない!」という記述があってとても印象に残ったんですけど、中原中也には、自然との共存を果たせなかったという、都市空間と自然のあわいに生きる者としての意識が、あるんではないかと思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/yaginouta09.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、縦書きテキスト版はこちら
 
全文はこちら             (全文のヨコ書きはこっち)
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





常に自然は語る 小川未明

今日は小川未明の「常に自然は語る」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
つい最近、自然界からすこし遠のいたところに引っ越してしまって、毎日のように見ていた川をもうほとんど見られない、というのが残念で、自然観察ができない代わりに、近代文学の自然界描写を読んでゆきたい、と思っています。
 
 
小川未明は、雲を仔細に観察して、これを言語化しています。文体にはこだわらず、とつとつとした文章で記された随筆なんですけど、それにしても描写が詳らかですごいんです。
 
 
何十年もかけて言葉を読むことが出来るようになったんですけど……小川未明のように言葉を自由に書ける人は、まあ世の中にほとんどまったく居ないんじゃ無かろうかと思うくらい、未明は雲の美しさを多角的に描きだしています。ことばってじつは、ここまで奥の方まで描けるんだなと……驚きながら読んでいました。俺の使っている言葉と、なんだかぜんぜんちがう……と思いました。
 
 
自然界の流露りゅうろとしての表現は、民謡や伝説の中にこそある、と小川未明は言います。未明はこう記します。
 
 
   私は、民謡、伝説の訴うる力の強きを感ずる。意識的に作られたるにあらずして、自然の流露だからだ。たゞちに生活の喜びであり、また、反抗、諷刺である。
 
 
  彼等が、これを口ずさむ時は、生活の肯定であった。支配者に対する反抗であった。しかも、また、自らの作業をはかどらせるための快い調でもあった。故に、喜びがあり、悲しみがあり、慰めがある。そして、狭小、野卑の悪感を催さない。なぜならば、これ、一人の感情ではなかったゝめだ。郷人の意志であり、情熱であった。これを、土と人とが産んだものと見るのが本当であろう。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/tsuneni_shizenwa_kataru.html
(約5頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





ゴリオ爺さん(6) バルザック

今日はバルザックの「ゴリオ爺さん」その(6)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ウージェーヌ・ラスチニャックは、ゴリオ爺さんのもう一人の娘(デルフィーヌ・ド・ニュシンゲン夫人)と、急接近してゆく。
 
 
どうもこうバルザックは、社会問題と恋愛を密接に絡めて考察しているようなんです。暗い人が身なりを整えるときにそれはどうしても控えめになる。その恋愛描写の細部からバルザックは「悲歌は基本的に不精なところがあり、熱狂的叙情詩は案外苦労性な本質を持っている」という芸術への考察に転じています。あ、たしかに絵画でもそういうことはあるような気がしました。なんだか途中で彩色を辞めてしまったような、哀れにかすれてしまった筆跡が、唯一の魅力を持つ絵画について、連想しました。
 
 
主人公ウージェーヌ・ラスチニャックは、富豪のニュシンゲン夫人だけでなく、かつて孤児であったタイユフェール嬢のことが気になっている。ここから先、前科者の焼き印を持つ地獄の住人の如きヴォートランが、ウージェーヌをさらなる別の恋とアブク銭の世界へと引きずり込もうとするんですが……もうめくるめく物語展開なんです。いったい何人の女と付きあいたいのかようわからんのですが、彼はそれから、高級車……ならぬ高価な馬車で豪邸へ向かうので、ありました。
 
 
夫人はやっぱり、恋多き人なのか、不倫でも良いから恋がしたいのか、自分の悲哀を、主人公にさりげなく訴えるんです。「もし貴方がいなくなってしまったら、私は一人ぼっちになります」とか「これは家庭内の喧嘩ですから、心の内に秘めておくべきものですわ。一昨日も私、このことは貴方に話さなかったでしょう? 私って、これっぽっちも幸せじゃないんですよ。金の鎖なんて重苦しいだけですよ」と言うんです。美しく、若くて、愛されていて、金持ちの夫人なのにです。
 
 
ウージェーヌ・ラスチニャックはもう、不倫かどうかなんてまったく気にしていない。こんなことを平然と言ってしまう。「私は貴女を完全に私のものにしたいんです」ウージェーヌが言った。「貴女は魅惑的です」
 
 
どうして、言いたいと思っていることを言えるんだろうかと。これは小説だからなのか、フランスだからなのか、革命のあとだからなのか……。夫人はこう言います。
 
 
  「ここでは何も貴方に不幸を感じさせない、だけれども、その見かけにかかわらず、私は絶望の中にいるんです。私の悩みごとのためによく眠れないんです。お陰で私はきっと醜くなってしまうわ」
「おー! そんなことはあり得ません」学生が言った。「しかし、私には分からないのですが、献身的な愛ですら癒せないような悩みとは一体何なんですか?」
「あー! もし私が貴方にそれを打ち明けたら、貴方は私から逃げ出してゆくでしょう」
  
 
主人公は、こう告げるんです。
 
 
  もし貴女に悩みがおありなら、それを私に打ち明けてください。私はただ貴女その人を愛していることを貴女に証明して見せたいのです。
 
 
それからウージェーヌ・ラスチニャックは、夫人から願われたとおりに賭博場で賭けをして、夫人の資産を何十倍にもしてしまうのでした。悪魔的な物語展開で、ゲーテのファウストを連想させる強運が描きだされます。
 
 
このあとの夫人の告白が、衝撃でした。夫人は豊かな資産を持っているはずなのに、それらを男に奪われ、借金をしながら生きねばならない、ひどい状況に追いやられていたんです。年金暮らしで畑があって自給自足の老夫婦は、お金をほとんど持ってないけど、困らない。いっぽうで大金を遣り繰りしている都市の若い夫婦は火の車のようになって、さらにはいくつもの不倫の罪を背負いつづけ、金に困苦している、という現代的な問題が隠されているのでした。
 
 
夫人はやっと借金を返せて、これからは素朴に生きるんだと、思うのでした。
 
 
バルザックが描きだす、夫人と主人公のキスの描写が二転三転してとってもおもしろかったです。ウージェーヌ・ラスチニャックは明るくて軽薄だけど、どこか正直者なんです。これが曰く言いがたい魅力を生じさせています。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/goriot_jisan06.html
(約100頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、縦書きテキスト版はこちら
  
 
        (横書きはこっち)
 
 
■主要登場人物
・ゴリオじいさん………娘たちを愛するあまり破産した。
・ウージェーヌ・ラスチニャック………うぶで野心家の学生。
・レストー夫人………ウージェーヌが一目惚れした美女で、ゴリオじいさんの実の娘。
・デルフィーヌ・ド・ニュシンゲン夫人………銀行家の妻で、ゴリオじいさんのもう一人の娘。
・ボーセアン夫人………ウージェーヌの遠い親戚のお金持ち。
・ヴォートラン………謎のお尋ね者。
・ヴィクトリーヌ・タイユフェール嬢………主人公たちとおなじマンションに住む、かつて孤児だった悲しげな目の美少女。母は亡くなり、父とずっと会えぬまま生きてきた。
 
 
 
(作中[1][2][3]などの数字表記があります。その箇所を解説した訳註はこちらをご覧ください。)





top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





山羊の歌(8) 中原中也

今日は中原中也の「山羊の歌」その8を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「建築家の良心」や「水色のプラットホーム」。こういうものはもう消えた、こういうのはイヤなんだと、否定の意志を述べている「私」。どうしてそれがもう存在しないもので、それがイヤなのか……と謎めいたNOを提示する「私」が、さいごにあるものを肯定するんです。「私」が追い求めているものがなんなのか、おわりの一文で、得も言われぬ詩の説得力を感じました。
 
 
この詩はいったい、どこまで取り替え可能なんだろうかと思って、たとえばさいごに「ニワトリ」を探しに行っても、やっぱり中原中也の詩が少しは残るんだろうかとか、なにかてきとうに見つけた単語ではもうぜったいに詩が詩じゃ無くなっちゃうだろうなとか思いつつ読みました。
 
 
現代詩人が「モノをして語らしめる」と、詩に於けるモノの重要性を説いているのを聞いたことがあるんですが、今回の中原中也の詩はその魅力が最大限発揮されていると思いました。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/yaginouta08.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、縦書きテキスト版はこちら
 
全文はこちら             (全文のヨコ書きはこっち)
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





この頃 宮本百合子

今日は宮本百合子の「この頃」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは、ほんの1ページの習作なんですけど、原始的な迫力を感じさせる掌編です。手練手管の作家からは生じないような、荒々しい文体なんです。宮本百合子のデビュー作発表のさらに数ヶ月前に書かれたものらしいです。
 
 
本文とほとんど関連性が無いんですけど、サルトルの言葉を思いだしました。哲学者が、こういうことを書いたらしいんです。
 
 
  「辱められ、抑えつけられていた彼が、昂然と身を起こし、石のように投げつけられた《ニグロ》という言葉を拾い集める。白人の眼の前で、誇らしげに黒人としての復権を要求する。…この人種主義に反対する人種主義こそ、人種差の撤廃に通じ得る唯一の道である。1948」
 
 
フェミニズム思想到達の寸前とでも言うのか、なんとも言えぬ生々しさが新鮮な掌編小説でした。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/konogoro.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選





ゴリオ爺さん(5) バルザック

今日はバルザックの「ゴリオ爺さん」その(5)を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ヴォートランは、大金を手に入れたばかりの学生ウージェーヌ・ラスチニャックにさまざまな悪知恵を授けるんです。とにかく金持ちを見つけて結婚をしてみろと、けしかける。貧しい者の悪道と、富める人間の悪行を比較してみせる。
 
 
学生ウージェーヌ・ラスチニャックはヴォートランから距離を置いて、こんどはゴリオ爺さんと話し込むんですけど、これがまたひどい状況なんです。ゴリオ爺さんは、娘たちに財産も仕事もすべて何もかも与えきってしまって、もはや何もすることが無い。それで娘たちをまちなかから隠れて見守ることしかできない。じつに哀れな状況なんですが、本文にてゴリオ氏はこう発言しています。
 
 
  「私の人生は、この私は二人の娘のためにあるんです。もし彼女達が楽しげで、彼女達が幸福で、美しく着飾って、彼女達が絨毯の上を歩くのであれば、私がどんな服を着ようが、私がどんな所で寝ようが、どうだっていいことなんです。彼女達が暖かければ私は少しも寒くはないし、彼女達に悩みがなければ私も決して悩みません。私は彼女達が悲しまなければいいのです。貴方が父親になって、子供達が小鳥のようにさえずっているのを見て、貴方も思うことでしょう。こいつらは私から生まれてきたんだ! 貴方はこの小さな子等がそれぞれに貴方の血の一滴一滴を受け継いで美しい花を咲かせているのを感じる、そう、それなんだよ! ………………
 
 
そうして「悲しい時には、彼女達の眼差しが私の血を固まらせてしまう」とゴリオ爺さんは言うんです。ゴリオ爺さんは、悲しさを糧にして、そこから世界に繋がろうとしている。
 
 
ちょっとよく判らなかったのは、フランスの小説では、どうして不倫の恋が家族から歓迎されたり、尊い意味をもったりするんだろうか、ということです。学生ウージェーヌ・ラスチニャックは、ゴリオ爺さんの娘(銀行家の妻)と恋愛が始まりそうだと告げるんですが、父はそれを歓迎しているんですよ。現代日本とだいぶちがいますね。そこのところは、勉強不足でよく判りませんでした。どうも、父としては、たとえ不倫であっても、ほんとうの恋愛をさせてやりたい、ということらしいんです。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/center/goriot_jisan05.html
(約100頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、縦書きテキスト版はこちら
  
 
        (横書きはこっち)
 
 
■主要登場人物
・ゴリオじいさん………娘たちを愛するあまり破産した。
・ウージェーヌ・ラスチニャック………うぶで野心家の学生。
・レストー夫人………ウージェーヌが一目惚れした美女で、ゴリオじいさんの実の娘。
・デルフィーヌ・ド・ニュシンゲン夫人………銀行家の妻で、ゴリオじいさんのもう一人の娘。
・ボーセアン夫人………ウージェーヌの遠い親戚のお金持ち。
・ヴォートラン………謎のお尋ね者。
・ヴィクトリーヌ・タイユフェール嬢………主人公たちとおなじメゾンに住む、かつて孤児だった悲しげな目の美少女。母は亡くなり、父とずっと会えぬまま生きてきた。
 
 
(作中[1][2][3]などの数字表記があります。その箇所を解説した訳註はこちらをご覧ください。)





top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ○名作選