ハイネ詩集(19)

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その19を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「世界がくだけて落ちる日は/木端微塵の破片かけらから」という一節が印象的な詩を読んで、なんという直接的な恋愛詩かと思いました。
 
 
世界の終わりと個人的な恋愛が、一体化して描きだされるんですよ。こんな直球の詩は現代には成立しようがない……と思ったんですけど、よく考えたら、ハリウッド映画に、こういうのあるよなあ、と思いました。
 
 
あと、日本のファンタジーの元を辿ってゆくと、もしかすると、ハイネかゲーテあたりの詩人に行きつくんではないかという詩がありました。こんなのです。
 
 
処女は石像のやうに静かに立つてゐる
騎士はその前に跪いてゐる
その時曠野の巨人がやつて来て
処女はおそれて逃げてしまふ
 
騎士が血みどろになつて斃れた時に
巨人は家へよろよろ帰つて行く
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine19.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選