ハイネ詩集(21)

今日は生田春月訳の「ハインリヒ・ハイネ詩集」その21を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
「おまへの眼からは真珠のやうな涙の雫が落ちて来る」という一行が印象的な、今回のハイネの詩なんですけど、なつかしい、という感情だけでずいぶん心を動かされる、そういう詩なんです。孤独とさみしさについて、ハイネが美しく描くんです。
 
 
もしかすると賢治の表現する、あの独特な「さみしさ」は、ハイネ詩集と通底しているのかもしれないなあ……と思いました。
 
 
賢治がこの詩集について引用をしているので、これらの詩を読んでいたことだけは確かなんですが、ハイネについてどう思っていたのかは謎なんです。ハイネはこう記します。
 
 
 その子は寂しい小さな部屋の
 窓にもたれて立つてゐる
 眼には涙を一ぱいためて
 夜の暗をぢつとながめてゐる
 
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine21.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top pageへ ・図書館リンク ・本屋マップ ☆名作選