ハイネ詩集(41)

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その41を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
作中のサラマンカというのは、スペインの街のことで、現代では世界遺産に指定されているんです。杏色や香色をした町並みは、当時いっそう美しかったんだろうと思いました。
 
 
今回は、このスタンザが印象に残りました。 
 

日ははや山の上にのぼつてゐる
羊のむれは遠くで鳴いてゐる
恋人よ、わたしの羊よ、光よ、たのしみよ
もう一度わたしはおまへの顔が見たい!



 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
http://akarinohon.com/letters/heine41.html
(約1頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキスト版はこちら
 
 
 
 
全文通読はこちら
 
                    ヨコ書きはこっち




top page ・本屋マップ ・図書館リンク ★おすすめ本