ハイネ詩集(77)

今日は「ハインリヒ・ハイネ詩集」その77を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
ついにハイネ詩集は終盤にさしかかり、ここからは一八三九年から一八五六年に記された詩になります。ハイネの42歳以降の詩で、1900年手前の寿命は50歳未満ですから、それを考えると、現代でいうところの80歳くらいの詩人と考えて良いと思います。
 

彼女は窓から眺めて笑つてゐた
 
という詩のことばが印象深く、痛快な詩でした。こんかいは毒の効いた詩で、泥棒と毒婦の物語なんですけど、ハイネは愛と軽薄をあわせもつ、1人の女の独特な明るさを描いています。
 
 
「ふたりは互に深く愛し合つてゐた」とハイネは宣言しているんです。そこに軽薄な女の心が立ち現れてくる。愛しあっているのに、どうしてそうなっちゃうんだ、というのがおもしろい。「笑つてゐた」という言葉と、愛という概念の印象がガラッと変わる、興味深い作品でした……。
 
 


こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/heine77.html
(約3頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら

全文通読はこちら

ヨコ書きはこっち






top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本