あとの祭り 山之口貘

今日は山之口貘の「あとの祭り」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。
 
 
これは作家の日常が記されている随筆なんですけど、まるで漱石の『門』のように不可思議な事態が書いてある。山之口貘は深夜に原稿を書く。その陰翳の世界が描きだされています。時刻も時代も職業も、世間から隔絶したところがあるようで、奇妙に繋がっている。詩人の随筆はみごとだ……と思いました。……。
 
 

 
 
こちらのリンクから全文読めます。(縦書きブラウザの使い方はこちら
https://akarinohon.com/letters/atono_matsuri.html
(約10頁 / ロード時間約30秒)
iPadやノートPCなどに対応した、シンプル表示の縦書きテキストはこちら
 
 
 
 




top page ・本屋map ・図書館link ★おすすめ本